2009年 02月 09日

十六夜の白梅。

「十六夜日記」を著した阿仏尼の庵があった場所からすぐ、小さな山道を上る。十六夜山道の峠の手前に、毎年開花を楽しみにしている大きな白梅の木が、予想通り、満開の季節を迎えていた。
何カットかをカメラに収めてほっと息を吐くと同時に、クヮンクヮンと鳴き続けていたらしい犬の声を背中に受けた。
(続く)
b0022268_2158444.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-02-09 22:02 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by biwakokayo4 at 2009-02-10 11:00
満開の白梅ですね。
今年も写真を撮ってくれてありがとうと言っているようです。
続く・・・・が気になっています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-02-10 22:40
biwakokayoさん、長い間同じ所を走っていると、馴染みの居酒屋のような気の置けない場所や、時々「こんにちわ」と訪ねたくなるポイントができました。


<< ワンちゃんの呼びかけ。      磯草・2009年篇。 >>