2009年 02月 10日

ワンちゃんの呼びかけ。

鎌倉によくある小さな谷戸の一つ。東西に走っているので、山道の南側にある梅の木は、午前の明るい陽光を受けて、逆光の中で輝いている。山道を隔てた反対側の斜面に沿って点在する、緑の間に溶け込んだ古くからある家々は、丘の上から注ぐ明るい光を受けている。
振り向くと、その樹々の間に見えた家の洋間のガラス窓の中から、小さな犬が吠えていた。親愛の信号をずっと送ってくれていたのだった。
(09/02/08 CANON EOS 40D)
b0022268_2219231.jpg


b0022268_22194814.jpg


b0022268_2220599.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-02-10 22:21 | in Kamakura city | Comments(0)


<< カモメ飛ぶ。      十六夜の白梅。 >>