2009年 04月 16日

散歩の季節。

さわやかな一日。どこまでも、緑の匂いを感じながら、走ることは猶予して、ゆっくりと歩いていきたくなる。
稲村小道の脇にある窪地に小さな沼。水草をついばむためにやってきたカルガモが、背筋を伸ばして散歩している。
(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_22112632.jpg




つれあいは、こっち。

b0022268_2212052.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-04-16 22:13 | in Kamakura city | Comments(0)


<< 男振り。      句点の次。 >>