2009年 07月 10日

七里ヶ浜の夕景・7月10日篇。

灰色の空の下、強い風が一日中吹き荒れた。陽が落ちてしばらくして、梅雨空を吹き飛ばし、久し振りに、夕陽が現れた。明日は晴れかな。
(CANON EOS 40D)
b0022268_226192.jpg





b0022268_2231209.jpg

b0022268_22313773.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-07-10 22:07 | sea,shore,beach | Comments(8)
Commented by ぷろとん at 2009-07-11 06:38 x
この色は、すごいですね。こんな空、何年も見ていないような気がします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-07-11 22:12
ぷろとんさん、この景色はほんの数分間、1秒1秒光に光の強さや色が変わりました。ラッキーでした。
Commented by tossy at 2009-07-11 22:56 x
空の表情がすごいですね!大好きな暑い夏の予感です。
以前のコメントどおり、夏の太陽は江ノ島よりずっと右側に沈むのですね。
Commented by biwakokayo4 at 2009-07-11 23:13
1枚目の雲の赤く染まった様子は素晴らしいですね。
こんなに赤い美しい夕焼けはなかなか見られません。
撮影する時、夢中になれる瞬間ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-07-12 20:14
tossyさん、夏至が過ぎたので、陽の沈む位置はこれから次第に左に進んでいきます。この夕陽の位置で夕焼けを見るのは珍しい気がします、
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-07-12 20:16
biwakokayoさん、カメラを眼から外して夕焼けに見入り、ファインダーをのぞいて、また感激してました。
Commented at 2009-07-16 10:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-07-16 20:29
むらちゃんさん、印象は「明日への希望」でした。


<< 太公、海を望む。      赤い色の生活信号。 >>