2009年 08月 24日

海町裏通り1丁目1番地。

漁師町の名残りのある路地には、いつでも潮の香りが漂っている。この道を出ると、海沿いの鎌倉海浜公園の前。シラス屋さんの店先で、ゆでたシラスを乾燥させる扇風機が回っている。
(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_20432247.jpg

b0022268_20434674.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-08-24 20:44 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by biwakokayo4 at 2009-08-25 09:35
私が買うシラスはもっと白いですが
これは魚の種類が違うのでしょうか?
それとも乾いたら白くなる?
海の香りと魚の香りと漂ってきそうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-08-25 20:20
biwakokayoさん、ゆでたシラスは白いです。生シラスはちょっと灰色っぽいです。カメラのシャッターを押したあと、よく確かめないで自転車で通り過ぎてしまいました。生シラスだったかもしれません。


<< 秋来ぬと。      浜辺のスキンシップ。 >>