2009年 08月 27日

海へ来なさい。

今週の月曜日からNHK教育テレビで始まった4回シリーズの井上陽水特集、「LIFE井上陽水」。三日目の昨夜のプログラムで最後を締めくくった歌は「海へ来なさい」。何度聞いても、歌詞に打たれる。こうだ。

太陽に負けない肌を持ちなさい
潮風にとけあう髪を持ちなさい
どこまでも泳げる力と
魚に触れるような
しなやかな指を持ちなさい
そして心から幸福になりなさい

風上へ向かえる足を持ちなさい
貝殻と話せる耳を持ちなさい
暗闇をさえぎるまぶたと
星屑を数える瞳と
涙をぬぐえるような
しなやかな指を持ちなさい
海へ来なさい 海へ来なさい
そして心から幸福になりなさい

太陽に負けない肌を持っている。風上へ向かえる足を持っている(文字通りの意味であれば)。その他は、?。

(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_20114531.jpg

b0022268_2012293.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-08-27 20:12 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by 水仙 at 2009-08-29 01:58 x
海は、大きいですからね~。
自分が抱えてる問題なんて、ほんの小さいことに思えてきます。
海へ行けば、ほんのちょっとでも幸せになれる
私もそう思います。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-08-29 21:00
水仙さん、すぐそばにある大きな景色には、空と海があるのに、空は電線にさえぎられてメチャクチャ。その点、海はいいです。見渡す限りが海です。海の上には空があり、雲が流れて、表情に見飽きることがありません。
Commented by biwakokayo4 at 2009-08-30 16:44
素敵な詩ですね。
どうしたらこんな素敵な詩が作れるのかな。
海は広いからそばにいると物の見方も広くなりそうな気がします。

Commented by hirofumi_nakayama at 2009-08-30 22:19
biwakokayoさん、井上陽水の詩は、多重で多彩で、いいですよね。
NHKの井上陽水特集、よかったですよ。


<< 海からの贈り物。      晩夏の雲。 >>