2009年 10月 21日

七里ヶ浜の夕景・秋晴れ篇。

秋晴れの空に、夕刻、雲が大きく流れ、陽が沈むに従って表情を妖しくする。夕景のドラマを、見飽きることなく眺めた。
(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_2224260.jpg




b0022268_2242014.jpg

b0022268_2244994.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-10-21 22:06 | sea,shore,beach | Comments(8)
Commented by しぃ at 2009-10-21 22:31 x
秋らしい雲の流れですね。夕焼けの彩りを受けとめて妖しく切なく輝き、表情を変えていく海に哀愁を感じます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-10-21 23:09
しぃさん、陽の沈む位置が江の島の左に移り、さらに離れていくに従って、夕焼けの表情が多彩になっていきます。秋から冬が、七里ヶ浜の夕焼けの旬になります。これから楽しみです。
Commented by ミヤサカ at 2009-10-22 02:27 x
ダイナミックですね〜!!
空、島、浜辺の3つの世界の関係が
ドラマティックですね。
Commented by のりへい at 2009-10-22 06:53 x
おはようございます。
三つの作品、信号や車のテールランプの赤、長くうねる雲、 白いボードを抱えたサーファー、ひとつモチーフをかえることでいろんな表情やストーリーみたいなものを感じますね。 
毎回勉強になります。
Commented by tossy at 2009-10-22 21:27 x
見方を変えたら、一日の終わり、なんだかとても切ないです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-10-22 21:36
ミヤサカさんのデザインの切れ味も。ダイナミックです。勉強します。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-10-22 21:43
のりへいさん、<ストーリー>、いい言葉を聞かせて頂きました。ポストカードのような写真からできるだけ離れたところで写真を撮りたいと思っていたので。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-10-22 21:47
tossyさん、一日の終わりがあれば、必ず、新しい日がやってきます。次にどんな夕景色を見せてくれるか、楽しみです。今まで、一度も同じ景色はありませんでした。


<< 浜、・・・・・。      東から西に。 >>