2009年 11月 10日

大河のような海。

気温が上がり、湿気が強くなって、空と海の境が消えた。その上、海は鏡のよう。サーファーのかわりに、釣り船の影が浮かんで、墨絵のようになった。
(CANON EOS 40D)
b0022268_0205756.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-11-10 23:59 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by 水仙 at 2009-11-12 01:36 x
あ~
これを浜に座って見ていたい・・・!
Commented by しぃ at 2009-11-12 08:55 x
静かな優しい輝きを放っていますね。波もやわらかな音なのでしょうか。

tossyさんもこちらのキラキラした海に元気を貰っていたのですね。同じ気持ちの方がいて嬉しいです。

ここに集う皆さんもきっと同じ気持ちかもですね。
Commented by tossy at 2009-11-12 21:29 x
波のない優しい海を見てると、時が経つのも忘れそう。
サーファーの人たちには申し訳ないけれど・・。
こんなに静かな時間の流れの中にぼぉ〜っと浸っていたいです。

しぃさん、ここに来る人で同じ気持ちの人がいるってなんだか来るのが楽しいです。
鎌倉の美しい自然とnakayama氏の表情豊かな優しい画と素敵な一言のおかげですね。

Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-13 00:18
水仙さん、写真ではなかなかスケール感が出し切れませんでしたが、東から西まで、見えるだけの海がもやっと煙って、急に大きな世界にチャンネルが切り替わったみたいでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-13 00:20
しぃさん、音は消えてしまったようでした。曇り空のようでいてうっすらと陽が射していて、ちらっちらっと海が時折光りました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-13 00:23
tossyさん、海はほんとに表情が豊かですね。毎日、初めての景色を見せてもらっているような気がします。


<< 雨化粧。      サクランボ、新種。 >>