2009年 11月 20日

雲が作る夕景色。

クロスバイクに乗り、七里ヶ浜から海沿いに所用で鎌倉に向かう途中、夕景色を振り返るとダイナミックな雲が見えた。稲村ヶ崎公園に留まるために、134号線を渡る信号で待機していると、後ろにいた女性が連れの男性に向かって「夕焼けって、情緒があるのよね」とつぶやいた。声に促されるようにバックからカメラを取り出し、夕景色を撮影した。
(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_21221236.jpg

b0022268_2122366.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-11-20 21:27 | sea,shore,beach | Comments(14)
Commented by tossy at 2009-11-21 00:36 x
雲の隙間から、今日はお疲れさまでしたと太陽が名残惜しそう。
今夜は、新しい仲間と時間のたつのも忘れ楽しく飲みました。
Commented by ぷろとん at 2009-11-21 06:24 x
広いですねぇ。空はいつも広いはずだけど、忘れがちです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-21 22:02
tossyさん、もうすぐ師走。またまた楽しい飲み会が待っていますね。そちらは、おいしいものがたくさんあって、きっと酒も進むでしょう。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-21 22:03
ぷろとんさん、海の上には電線もなく、無粋な建物もなく、海と空だけで構成される空間は純粋ですね。
Commented by tossy at 2009-11-21 22:33 x
刺身と生わさび、旨い醤油のコンビネーションで、ビールがスイスイと入っちゃいました。
ごめんなさい、こちらの美味しい話しで・・・。
でも、僕はこの季節、鎌倉の明るい空が羨ましいです。
こちらは、しばらく空が低く鬱陶しい天気が続いています。
Commented by 水仙 at 2009-11-22 02:45 x
夕焼けはいつ見てもせつない気持ちにさせられます。
この近くで見る夕焼けは、海の上とは違ってとても狭いのですが、
建物の間にある空が端から端まで全部焼けていたりすると、
それもまたキュンとなるものなんですネ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-22 19:29
tossyさん、これからの季節、そちらではかぶら寿しがおいしいでしょう。うらやましいなあ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-22 19:30
水仙さん、<建物の間にある空が端から端まで全部焼けていたりする>。イメージしてみました。せつないほどの景色ですね。
Commented by tossy at 2009-11-22 21:40 x
かぶら寿司、好き嫌いあるけれども・・・・・しっかり覚えていますよ!
一番美味しい食べごろがいつなのか詳しく知りませんが、気持ち的には、一ヶ月後、お正月近くが旨いかなぁ・・。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-22 22:51
tossyさん、鎌倉から金沢までの直行バスがあるそうです。江の電の車内で宣伝を見ました。金沢と鎌倉の間は近いですね。
Commented by tossy at 2009-11-22 23:13 x
そうなんですよ!
その手もあるんですが、夜行便になると思うので、どうかな、、と思案してしまいます。
そういえば、近いといえば、先日、鎌倉の鏑木清方館と金沢の竹久夢二館が何かの交流してましたよ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-23 21:27
tossyさん、金沢には竹久夢二館があるのですね。かぶら寿しから、文化に話が広がりましたね、
Commented by tossy at 2009-11-23 22:23 x
金沢の奥座敷と言われる湯涌温泉に夢二館があります。
なんでも、そこの某旅館に夢二が逗留したと言われています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-24 22:37
tossyさん、湯桶温泉ですか。いい名前の温泉ですね。
湯桶と夢二、ユつながりで頭韻を踏んで。
あ、飲み過ぎて支離滅裂かも知れません。


<< 小春日和。      苔玉の林。 >>