2009年 11月 26日

極楽寺駅・晩秋篇。

江の電で最も木々の匂いの濃い駅、極楽寺。定点観測をしているスポットの一つだ。桜の木の葉も全て落ちて、暖かい今日も、晩秋の気配が濃い。遠足の途中だろうか、小学生のグループが、写真では上級生に見える若い女の先生と一緒に駅の前に置かれたベンチで休んでいた。道路標識の中にいる子どもも、小学生と一緒に歩き出したいように見える。
(RICOH GR DIGITAL 2)
b0022268_2110877.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-11-26 21:12 | in Kamakura city | Comments(10)
Commented by 歳三 at 2009-11-27 04:01 x
昔からの風情を残すのは極楽寺駅くらいになってしまいましたね。
稲村ケ崎小学校に通っていた頃と外観は変わらず…
七里ケ浜駅は昔の面影なしで少し残念です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-27 22:15
歳三さん、七里ヶ浜駅のホームから見える住宅が広がる丘は、昔、ただのススキの生える丘でした。江の電に乗る人はぽつりぽつり。そう言えば、稲村ヶ崎の駅には、住民のために、置き傘が備えられていました。
Commented by のりへい at 2009-11-27 23:24 x
子供たち、おそろいの黄色い帽子とお行儀よく座ってる姿がかわいいです。石畳の駅前に朱色のポスト、絵本にでてきそうなかわいらしい駅ですね。
Commented by 歳三 at 2009-11-28 01:00 x
あのススキの丘が火事になったのも覚えてますよ〜
置き傘って、緑と黄色のやつですよね?稲村ケ崎駅と
マジックで書いてあったような記憶が…

Commented by 水仙 at 2009-11-28 02:25 x
過ぎてしまってから、その‘良さ’を感じるものですね。
今はわからない‘良さ’が、あちこちにあるのかもしれません。
ススキの丘見てみたかったです。
Commented by 湘南浜童 at 2009-11-28 14:41 x
ここの駅は雰囲気が良いですね。駅前を通過、稲村小学校前を通って、
月影地蔵、カンカントンネルを抜けて、藤沢に出ました。
ここの駅そばのアパートの裏の上杉憲方の墓も意外な穴場でちょっとびっくりです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-28 20:58
のりへいさん、駅の横に、小川が流れていて、ホームに立っていると、せせらぎの音が聞こえます。すぐ東側はトンネル。なんとも、風情のある駅です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-28 21:03
歳三さん、あ、ススキの火事、おぼろげながら思い出しました。
その頃のススキの丘と駅の景色を描いた版画があって、わが家の壁を飾っています。今度、近いうちに、お見せします。
置き傘、青色の傘もあったような。マジックの黒い文字、思い出しました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-28 21:05
水仙さん、過去もすばらしいけど、いつも、今の瞬間のすばらしさを忘れないようにしないといけないですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-11-28 21:07
湘南浜童さん、その道も、時々走ります。トンネルを抜けるまでの道の途中、右に広がる谷戸の景色は、すばらしいですね。
上杉憲方のお墓、穴場中の穴場ですよね。


<< アイビー、染まる。      秋の実り・続き。 >>