2009年 12月 27日

満面の笑み。

もう一度水仙の花の群を見たくて、昨日とは違うカメラを肩に掛け、ふたたび、海を望む丘の上に走ってきた。
花がにっこりとして、こちらに笑みを送ってくる。
カメラを構えて、水仙の花の群の真ん中で腰を屈めると、鼻の先に甘い匂いがむっと漂ってきた。
(CANON EOS 40D)
b0022268_19525968.jpg


by hirofumi_nakayama | 2009-12-27 19:53 | in Kamakura city | Comments(6)
Commented by nature-016 at 2009-12-27 20:02
こんばんわ~(^^)アップホッカホカ~
私も、花撮り、挑戦してみたくなりました(^^)。
何で、真ん中だけちゃんと撮れるんでしょう(^^)。どうすればこの様に撮れるのか・・・・・バック(緑?)キラキラも綺麗です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-12-27 20:16
nature-016さん、タイミングが合いましたね。
ズームレンズの望遠側に設定し(これは35ミリ相当で150ミリくらい)、マニュアルでフォーカスを調整して、ピントをねらった花(特に花芯)に合わせます。逆光なので、露出補正をマイナス1段階にします。花びらが浮かび上がるような背景になるように暗い背景とアングルを選び(表情が出るような光が入っていればなお結構)、息を止め、カメラが動かないようにゆっくりとしかし確実にシャッターを押します(三脚は使わないので)。
色々、考えているでしょ。
Commented by 水仙 at 2009-12-28 02:19 x
光のおかげで、花びらと花びらが重なっている様子がよくわかりますね。
小さな花もこんなふうに撮ってあげると、主役級の魅力があることがわかります。
私の被写体はもっぱら子供たちです。
瞬間、瞬間の彼らの気持ちを留めています。
写真って面白いですね。
Commented by biwakokayo4 at 2009-12-28 16:10
水仙の精がほほ笑んでいますね。
きれいに撮ってくださってありがとうって・・・・。
お礼に香りをと・・・・。
どういうイメージを持って撮るか・・・でしょうね。
参考になります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-12-28 21:08
水仙さん、前回は群像、今回は主役の花を選びました。
風で揺れていた花が、一瞬顔を止めて笑顔を向けた瞬間にシャッターを押しました。花も、子どもと同じで、一瞬一瞬表情を変えますね。どちらも、被写体と同じ気持ちになった時にいい写真が撮れそうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2009-12-28 21:13
biwakokayoさんも水仙の気持ちになれる方ですね。
そう、私も、kayoさんと同じで、シャッターを押す前に、頭の中にイメージを作っています。


<< ウィンドサーフ・ジャーニー。      水仙の乱舞。 >>