2010年 01月 06日

小動の夕景。

小さく動くと書いて「こゆるぎ」。七里ヶ浜の西端の小さい岬で、江の島と境を接し、鎌倉市の西端でもある。鎌倉高校前の坂を上がって振り向くと、小動の向こうに、箱根の明神ヶ岳、金時山の稜線が夕焼けの中に浮かんでいた。
(CANON EOS 40D)
b0022268_21333187.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-01-06 21:33 | sea,shore,beach | Comments(3)
Commented at 2010-01-06 23:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by biwakokayo4 at 2010-01-07 12:42
夕焼けに赤く染まった風景の中で
家路を急いでいるようなたくさんの車ですね。
それと手前の灯りが誰かの帰りを待っているようです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-01-07 20:35
biwakokayoさん、134号線という海岸沿いの、渋滞するので有名な道路です。平日のこの日は、家路に急ぐクルマと、まだ仕事中のクルマが多いのでしょうか。
kayoさんは、いつもながら、画面の隅々まで、眼が行き届きますね。いつも感心します。


<< 鵠沼海岸の夕景。      生活の年明け。 >>