2010年 02月 10日

雛祭り・予告編。

由比ヶ浜の骨董店のショーウィンドーに、ひと月早く、お雛さまが飾られた。男雛も女雛も、実に典雅な顔をしている。
(10/02/07 CANON EOS 40D)
b0022268_21482350.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-02-10 21:49 | in Kamakura city | Comments(7)
Commented by 水仙 at 2010-02-12 02:26 x
昔は写真のように、お内裏様が向かって右側に座するのが普通だったそうですね。当時は右の方が高座だったそうです。
その逆(お内裏様が左)が多く見られるようになったのは、昭和天皇即位のときからだそうですよ。
私は、お内裏様左派なので、写真の位置に違和感を感じました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-02-12 21:55
水仙さん、確かにそうですね。女房が飾った家の中のお雛様も、左にお内裏さまです。この古典的な顔つきは、昭和天皇即位以前のもの、とはっきりして納得です。
Commented by tossy at 2010-02-12 22:57 x
はぁーなるほど・・。
なぜ、昭和天皇即位のときからなんですか?(世間知らずです)

Commented by 水仙 at 2010-02-13 02:05 x
はじめまして、tossyさん。
昭和天皇が即位の礼の際に、西洋の文化に習って左にお立ちになったことから、お内裏様も左に置くようになった。。。という説があるそうです。
娘のお雛様、実はまだ出していないので思い出すたび「出さなきゃ!」と繰り返す毎日なもので・・。
Commented by tossy at 2010-02-13 21:33 x
水仙さん、こちらこそ、はじめまして。
いつも素敵なコメント拝見させていただいています。
そしてまた、ぼくの疑問にお答えいただき有り難うございます。
それと・・ウチのお雛様は、なんとしばらく「出ていません」(冷汗)
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-02-16 23:05
お二人に、いつか手製の「七里ヶ浜だより」の小冊子をお送りしたいと思っています。よければ、水仙さん指定の住所を、鍵マークのついたコメントで教えて下さい。
Commented at 2010-02-20 16:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 雨の中の彩り。      世界初の江の電写真。 >>