2010年 02月 18日

暖気を放つ海。

朝、ご近所の屋根の上に積もった雪を見て海岸に降りる。浜辺にあったはずの雪は消えていたが、海一面に、もやっと湯気が立っていた。
(CANON EOS 40D)
b0022268_21392057.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-02-18 21:37 | sea,shore,beach | Comments(7)
Commented by tossy at 2010-02-18 22:53 x
日本海の富山、魚津には蜃気楼があらわれることがあるそうです。
自分も一度は見てみたいのですが、なかなか・・・・
海のもやも見かけたことがありません。幻想的ですね。
Commented by 水仙 at 2010-02-19 16:27 x
私の田舎も海の近くですが、こんなふうにもやっているのは見たことがありませんね。
どんな時にこうなるのでしょうね。
海水の温度が高いのでしょうか。
Commented by あき at 2010-02-19 23:01 x
とても幻想的な海ですね。海は毎日いろんな表情を見せてくれますね。今日は春が待ち遠しくなる気持ちがいい海でした。
水仙さんもtossyさんも七里ガ浜がお好きなのですね。 中山さんにお会いできることたのしみにしています。
Commented by tossy at 2010-02-19 23:18 x
あきさん、こんばんは。
僕は、七里ケ浜や江ノ島が大好きです。でも遠いのでしょっちゅう行くことができなくて・・。
いつか、移住できたらといつも考えています(笑)
中山さんは、紳士でスポーツマンで楽しい方ですよ。いつか皆で集う事が
できたら楽しいですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-02-19 23:59
tossyさん、去年、茅ヶ崎でも蜃気楼が見えたそうです。
もし七里ヶ浜で見えたら、カリフォルニアの景色が海の上に浮かぶのでしょうか。
いつか皆さんで集うことができれば、ほんとに楽しいでしょうね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-02-20 00:02
水仙さん、おっしゃる通り、七里ヶ浜の海水の温度が高いのでしょう。急に冷え込むと、海から湯気が上がります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-02-20 00:04
あきさん、海は一日として同じ表情の日がありません。特に雲が浮かんでいると、さらに一瞬、一瞬、表情が変わります。
お会いする日を楽しみにしています。


<< 小冊子・続き。      浜辺アルバム。 >>