2010年 03月 16日

七里ヶ浜の夕景・3月16日篇。

夏日と呼ばれるまで気温の上がった一日の最後に、強い風が雲を吹き払い、夕焼け富士が浮かび上がった。134号線を走る車のテールランプも、鮮やかに見えた。
(CANON EOS 40D)

b0022268_20495636.jpg




小動の坂を行く車のテールランプが見える。

b0022268_1315646.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-03-16 20:34 | sea,shore,beach | Comments(12)
Commented by uki at 2010-03-16 22:40 x
きょうはとても暖かい日だったようですね。
暑いと言ってもいいくらいですか?
R134のテールランプの流れも、夕暮れ色に溶け込んで、
優しい光の帯になってます。
景色に癒されて、渋滞も気になりませんね♪
Commented by tossy at 2010-03-16 23:12 x
R134号の夕刻、日々のざわめきも、写真では静寂
でも現実はやっぱりざわざわしてて、そのギャップがなぜか画では、とてもいい味わいで好きです。

中山さんの、ここへくると癒されます。





Commented by 水仙 at 2010-03-17 00:25 x
信号や街灯の光、テールランプの赤、車のライト・・・
夕やけのもやのせいでしょうか、
カメラを構えるnakayamaさんの耳に聞こえていたであろう音が、私にも聞こえてくるようです。
この写真を見て、皆さんが同じ何かを感じているのだろうなあ、と・・・
ちょっとうれしくなりました。
Commented by hisami at 2010-03-17 07:14 x
夕暮れのオレンジが渋滞なのに温かみを伝えてくれますね。その中で↑のグリーンが 目にも心にも何か残ります。好きな感じです。うまく表現できませんが…。
Commented by sky-of-the-gama at 2010-03-17 07:43
七里ヶ浜が懐かしいく そして恋しいです
Commented by あき at 2010-03-17 21:10 x
わたしも同じ時間に見ていました。一日の終わりにご褒美のようでしたね。
水仙さんと同じように中山さんの写真を通してみなさんと気持ちを共有できることがうれしいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-03-17 21:30
ukiさん、<渋滞も景色に溶ける七里ヶ浜かな>、下手な俳句ができました。渋滞中の車の中にいても、夕陽を見ていると、気持ちはゆったりします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-03-17 21:32
tossyさん、こうして見ると、まっすぐだと思っていた134号線のこのあたりも、微妙に湾曲しているのですね。表情ができていました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-03-17 21:33
水仙さん、渋滞も音楽のように見えてくるマジックを、夕闇が作ってくれました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-03-17 21:37
あのグリーン、結構、計算しました。hisamiさんの印象に残ったと知って、嬉しいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-03-17 21:38
sky-of-the-gameさんに、七里ヶ浜でお会いしたいものです。
ところで、<sky-of-the-game>って、どういう意味ですか?
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-03-17 21:43
あきさんは、どの場所でご覧になっていたのですか?近くにいらしたのですね。
一枚の夕景色の写真から、みなさんに輪が広がって、私も嬉しいです。


<< しんにょうの夕陽。      近づく春の光。 >>