2010年 04月 17日

ランニングフォト日記・4月17日篇。

やっと午後から本格的に陽が射し始めたので、テニスを止めていつもの海沿いのコースを走りにいく。
(CANON EOS 40D)

坂ノ下の海岸に注ぐ陽の光。
b0022268_20294723.jpg

由比ヶ浜には、人のにぎわい。
b0022268_2030339.jpg

ハマダイコンは、浜辺の彩り。
b0022268_20312665.jpg

七里ヶ浜に戻ってきて、今日の夕景をカメラに収める。
b0022268_20321556.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-04-17 20:32 | sea,shore,beach | Comments(10)
Commented by sheep-1967 at 2010-04-18 02:41
深夜侵入~
ゥう~海行きたい~。陽の光が、キラキラ反射して眩しいけど、綺麗だろうなァ~(写真も、綺麗ですけど~)^^。
Commented by tossy at 2010-04-18 08:09 x
由比ケ浜は、少し入り江のようになってて、七里ケ浜とはひと味違う表情でここもいいですね。
この浜に昨年5月初めに行ったとき、地元のおじいちゃんが30匹くらい
の鯉のぼりを天高く連ねて
泳がせていたのが、印象的でした。(思わず鯉の数を数えてしまいました!)
Commented by uki at 2010-04-18 17:38 x
人のいる風景は和みますね。
少年が走っていく姿と小さい影に目が留まりました。
ときに、人は風景を撮るときにジャマと思ったりするのですが、
人が風景に溶け込んでいて、「絶妙!」と思いました。
二本の電柱がバランスを保っているのかしら。。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-18 20:41
sheepさん、これからまた海は、春から夏に向かって、刻々と表情を変えていきます。楽しみです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-18 20:45
tossyさん、そのおじいちゃんは、きっと地元で有名な鎌倉の老舗の鰻屋「浅羽屋」のご主人です。連凧の大家です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-18 20:50
ukiさん、あの少年とスケーターの女の子は兄妹で、その後ろの女性はお母さんでした。そのまた後ろに犬の散歩の途中の自転車の女性、その後ろにまた自転車の男性、そのまた後ろにランニング中の男性が続きました。人の風景は、和みますね。
そう言えば、鎌倉検定の昨年の3級の問題にチャレンジしてみたら、75点で合格ラインを突破していました。
Commented by 水仙 at 2010-04-19 01:05 x
鎌倉のフォトランニング日記は風景だけで十分☆・・と思っていましたが、
ホントだ、人がいるととても和やかな写真になるのですね。
誰かを振り返ったり、顔を見合って言葉をかわしたり。
風景とヒトの心が溶け合った素敵な瞬間を見せていただきました。
ありがとうございました^^。
Commented by uki at 2010-04-19 07:15 x
nakayamaさん、なにげにチャレンジで75点はすごいです!
りっぱな合格点ですね。
7月下旬の検定にむけて、そろそろテキストを読み始めなければ・・と思うこのごろです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-19 22:49
水仙さん、人の写真をもっと撮りたいと願っています。「誰かを振り返ったり、顔を見合って言葉をかわしたり」、いい言葉ですね。そうした写真を撮る、目標ができました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-19 22:51
ukiさんと二級チャレンジを競おうと思ったら、まず三級の合格証をもらわないと二級にチャレンジできないのですね。道は遠いと知りました。


<< 浜辺の春景。      赤と白のコンポジション。 >>