2010年 04月 21日

音無橋・続編。

春らしい春の光がやってきた今日、音無橋を通りかかった。
橋から河原に降りて、昨日の写真の音無橋を、逆の方向から撮影してみた。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_21343970.jpg




ちょうどその時、音無川鉄橋の上を、江の電の1000型車両が走り過ぎていった。
b0022268_21361385.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-04-21 21:36 | in Kamakura city | Comments(11)
Commented by tossy at 2010-04-21 22:25 x
この「音無橋」昨年、秋にお邪魔したとき、渡らなかったけど、たしかお洒落な骨董品屋さんの近くで、
その先の奥へ入ると西田幾多郎博士の晩年の家のところでしたか。。静かなところですね。
今夜は、昨年退職した上司から連絡あり飲んで帰り、日曜から運動してなかったのでランニングしてきました。
いつも思うけど中山さんのようにカメラ抱えては走れません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-21 23:01
tossyさん、正解です。骨董屋は「R2」ですね。
飲んだあとに、ランニングしたのですか?
カメラを抱えて走ることは、決しておすすめしません。
それは、ちょっと変わった人のやることです。
Commented by tossy at 2010-04-21 23:14 x
あっ、そうそう「R2」です。そのへんのなんでもない古いモノも鎌倉では商いができる可能性・・ということを教えていただいたような気がしました。
飲んだあとのランニングは心臓にあまり良くないかもしれないけど、誰も止めないのでついつい・・。やっぱりジムより外で走るのが息苦しくなくて。
ぼくも鎌倉で走るときがきたら、カメラを抱えて走るかもしれません!
Commented by sheep-1967 at 2010-04-21 23:23
こんばんわ~(^^)
偶然ですかね~(^^)。橋まで江ノ電の色~(^^)
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-22 23:59
tossyさん、今度は、ランニングシューズをご持参下さい。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-23 00:00
sheep-1967さん、ほんとだ。よく気がつきましたね。
Commented by 湘南浜童 at 2010-04-24 19:43 x
音無橋、穴場ですね。
ここはカニの宝庫で子供達がいたら満面の笑みを浮かべるでしょうね。
懐かしい思い出です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-04-24 19:59
湘南浜童さん、ここでも、急速に、カニが少なくなりました。
稲村ヶ崎の海水浴場も無くなって長い年月が過ぎました。
Commented by photo-nikki at 2010-05-30 20:19
初めまして、ちょこちょこ拝見させて頂いております。
昨日、七里ガ浜~鎌倉まで散策中に偶然音無橋を通り掛かり、
こちらのブログの写真と同じ光景に「あ!」と思わず
声を出してしまいました(笑)
そして、どこから降りたんだろう・・・と橋の上からじーっと
下を見下ろして考えていましたが、まさかあの崖のような
ところからですか?!下から見上げた景色もいいですよね。
また素敵な写真楽しみにしています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-30 22:15
photo-nikkiさん。コメントをありがとうございました。
私も、ブログを訪問させて頂こうと思いました。
誰も撮ったことのない鎌倉の風景を、カメラに収めてみたいと思っています。
Commented by photo-nikki at 2010-06-01 23:29
こんばんわ。
鎌倉は素敵なところが沢山ありますよね!
中学、高校と鎌倉の学校に通っていましたが、当時は鎌倉の魅力に
全く気付く事なく過ごしておりました・・・
まだ見た事のない鎌倉の風景、楽しみにしております。


<< 冷えたビール。      音無橋の記憶。 >>