2010年 05月 15日

磯遊び。

今日は月齢1.1の大潮。干潮のタイミングに、普段は海に隠れて見えない磯の姿が現れた。ここは稲村ヶ崎の切り通しの東側。
(CANON EOS 40D)
b0022268_9375844.jpg

b0022268_1955127.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-05-15 19:55 | sea,shore,beach | Comments(12)
Commented by tossy at 2010-05-15 22:29 x
中山さん、これまで見たことないように綺麗です。今、危篤状態の父といつかこんなところで再会できたら・・と思いました(泣)
今月末の七里ケ浜へは微妙となりました。
Commented by sekky at 2010-05-16 00:26 x
こんな絵が撮れるんですね!
鎌倉の海とは思えないです。
Commented by 水仙 at 2010-05-16 01:38 x
ホントにきれいですね・・・。海の底なんですよね、ここ。
神秘的です。

tossyさん・・・私はまだ両親の危篤というものを経験していませんので、えらそうに言葉をかけることができませんが、
元気を出してください。。。ごめんなさい、元気なんか出るわけないのに。すみません。
Commented by hisami at 2010-05-16 09:13 x
tossyさん 
心中お察しします。。。
七里ヶ浜はいつでもここにあります。
いつ来ても癒してくれることでしょう。
それはtossyさんがよくわかってることですね。
Commented by uki at 2010-05-16 12:02 x
青い地球の上を歩いているみたい。。美しいです。
まさしくここは地球なのですけれど・・

親の存在は どんなかたちであれ「心のよりどころ」です。
tossyさんのお気持ちはきっとお父さんにも届いていますね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-16 21:15
tossyさん、繰り返しになりますが、どうか気を落とさず、お父様を見守ってあげて下さい。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-16 21:18
sekkyさん、稲村ヶ崎が潮の流れと川の流れをせきとめて、東側がとても海水がきれいです。確かに鎌倉の海とは思えないほどでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-16 21:19
水仙さん、海の底まできれいに見えました。こうした景色が見えるのは、年に何回かです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-16 21:20
hisamiさん、鎌倉はいつでもtossyさんのことを待っていると、私もお伝えしたところでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-16 21:21
ukiさんの言葉で、海水が、地球の上の皮膚のように見えてきました。
Commented by 湘南浜童 at 2010-05-17 20:58 x
これはすごいです。
稲村の切り通しの反対側ですか。
通り過ぎてしまっていました。見事です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-05-18 21:57
湘南浜童さん、この景色は、この季節だけのような気がします。波が静かで、海水が澄んでいて、遠浅になります。


<< 134号線の出会い。      訪問者。 >>