2010年 06月 02日

足下の夏。

海水に足を浸して気持ちのいい季節になった。一眼レフカメラを抱えて海を見る女性に、わが姿を託してみた。
(RICOH GR DIGITAL 3)

b0022268_21185855.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-06-02 21:19 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by 水仙 at 2010-06-03 01:43 x
私の田舎ではこの時期、夜はカエルの大合唱、日中は青い新芽の匂いに包まれます。
道路もそこそこ整備され車もそこそこ走っているようなところでは残念ながら匂いは薄く、カエルの声も聞こえません。
唯一、家族が寝静まったこんな時間にベランダへ出て深呼吸すると、
風に乗って季節の匂いを感じることができます。
写真の彼女はきっと潮風の匂いを感じながらカメラを構えているのでしょうね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-06-03 22:09
水仙さん、蛙の声、そう言えば、ここでは久しく聞いていません。オタマジャクシは見るのに。家の庭にガマガエルがいたことがありましたが、彼も久しく姿を隠しています。
Commented by tossy at 2010-06-03 23:08 x
中山さん、ご指摘の方は、ぼくよりお先に湘南で暮らすそうです!よろしくとのことです^^;

リラさん、ukiさん検定合格したら中山さんとここに来る皆さんと祝賀会をしましょう♪
水仙さん、いつも夜中まで家事お疲れ様です。水仙さんはきっと、鎌倉への距離は短いけれど今は色々忙しく我慢しているのかな・・・。
今夜は、友達と、入院している友を見舞いに行き帰りに少し飲みました。身体は健康でなによりです。元気な中山さんを見てたら改めてそう思います・
Commented by 水仙 at 2010-06-04 01:25 x
大きな主のようなガマガエルが田舎の庭にもいました!
のっしのっしと歩いていましたよ。

tossyさん、私は手際も要領も悪くて・・・。
家事が遅くなるのはもちろんですが、どーしてもこの‘一人の時間’がやめられないんです。
鎌倉。。。近くて、今は遠いです。


<< 夏日の街。      帰港。 >>