2010年 07月 23日

鎌倉花火大会・続きの続き。

水中花火の一つ。海面に近い華。
(10/07/21)
b0022268_20554375.jpg

流れて散る花火に思いあり。
b0022268_20571920.jpg

b0022268_20575155.jpg


花火の煙が流れる海沿いの134号線。
b0022268_20585615.jpg

屋台も出る。
b0022268_20593224.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-07-23 21:00 | sea,shore,beach | Comments(2)
Commented by 水仙 at 2010-07-24 00:58 x
屋上から撮っていたのですね。障害物が何もない特等席!

では、被写体によってカメラを替えるのですね。
夜の花火・・・夜景に合う発色のカメラでしょうか。
灯りがすごくきれいで、臨場感ありますね。
海の上で、ピンクの孔雀が羽を広げたようです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-07-24 21:33
水仙さん、屋上ではなく、最上階にある部屋のベランダからでした。
被写体によってレンズとセットしたカメラを変えることはあります。
花火の日は、感度設定をISO1600まで設定してシャッタースピードを上げました。そのためには、一眼レフカメラ。レンズは、遠景までとらえられるように、望遠系のズーム、使い慣れたレンズにする。そんな選択をします。


<< 由比ヶ浜風景。      鎌倉花火大会・続き。 >>