2010年 07月 30日

海沿いの点景・昨日の続き。

午後になって雨が上がり、ふたたび気温が上昇して夏日が再開された。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_21364663.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-07-30 21:37 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by 水仙 at 2010-07-31 00:38 x
やっぱり鎌倉の海は千葉とは違いますね~。海の水は同じだと思うんですけど、なんというか・・・やっぱり雰囲気なんでしょうか。

nakayamaさんは、今日の写真も昨日のも、意識して人物を入れるのですか?
写りこんでいる人の意図や気持ちが感じられて、一枚の写真に動きや音が見える気がします。
風の音や波の音。車のエンジンの音。
Commented by tossy at 2010-07-31 08:44 x
写真に人物が入ると、季節感やどこか温もりが感じるようになるのかもしれませんね。
裸のサーファーだったらいかにも「夏」ですね♪それにしても水仙さんカメラマンの素質ありそう〜。

昨晩は、金沢市の東山と主計町(かずえまち)の茶屋街を散策して横笛の音色を聴いてきました。
とっても情緒豊でした。
Commented at 2010-07-31 16:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-07-31 23:20
水仙さん、人物が入ると、物語が鮮明になることがあります。
そう思っていると、タイミングよく人がやってきてくれます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-07-31 23:22
tossyさん、人物は温もりの象徴ですね。いいこと、聞きました。
Commented by 水仙 at 2010-08-01 01:11 x
やはり、人物を意識して写していたのですね~。
写真の中の人物は、それが自分の知らない人だと興味が湧かない写真にしてしまうものと思っていましたが、そうではないようですね。
写っている建物や椅子やテーブル、その場の風景にぬくもりを与えてくれる存在でした・・・。
物語が鮮明に。nakayamaさんもtossyさんも表現バッチリですね^^勉強させていただきます。


<< ライフセーバーが行く。      海沿いの道・点景。 >>