2010年 09月 11日

晩夏の浜。

戻ってきた猛暑の一日。が、浜には静寂が戻りつつある。由比ヶ浜と坂ノ下の浜を分ける稲瀬川の河口のあたり。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_20162391.jpg





50年も昔に活躍した排気量360ccのスバル360が、134号線を走っていた。ドアミラーでなく、フェンダーミラー。そのまん丸な形がかわいい。アルミホイールでなく、ホイールキャップをかぶせたタイヤも懐かしい。
b0022268_2054696.jpg

浜辺には、漁村の風景の存在感が増してきた。
b0022268_2074625.jpg

海はガラスの板を置いたようにフラットだった。サーファーはどこへ行く。
b0022268_2094429.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-09-11 20:12 | sea,shore,beach | Comments(10)
Commented by hisami at 2010-09-11 20:59 x
後姿の少女?彼女は何を思って海を眺めているのでしょうね。
ひと気の少ない海とともに哀愁を感じてしまいます。
Commented by tossy at 2010-09-11 22:32 x
ほんと、少女が物思いにふけっているみたい・・すごく純粋ですね・・
ぼくが昨日、金沢東山から登った宝泉寺で黒瓦を見下ろしぼさっと夕陽を眺めてた気持ちとは対照的かも・・。

ぼくも移住したらフェンダーミラーのクルマ、できれば持参するつもりです。
R134は、古いクルマ、絵になりますよね♪
Commented by ぷろとん at 2010-09-12 07:54 x
まだまだ夏の色なのに、静かな海。少女がすてきです。
なつかしいですね、360。思わず声援を送ってしまいます。私はこの後継のR-2にしばらく乗っていました。ぷるぷると134号線を走っていましたよ。夏の渋滞道路はエアコン無しの空冷できつかったけどね。
Commented by リラ at 2010-09-12 10:58 x
こんにちは♪ 
どんな事を想い、海をながめているのでしょう。背中が可愛らしいですね。
nakayamaさんの「いい場面」をとらえる腕の良さには感服です!

移住一番乗り?を見事に果たしたtossyさんが、R134を素敵なクルマで走られているお姿、想像しています^^♪

Commented by ET at 2010-09-12 14:46 x
キャー!スバル360懐かしいです!亡き父が富士重工にいましたので、もちろん我が家にも360→R2の歴史がありました。大事に乗っている方に拍手です。
それにしても、海を眺めている少女の後姿が印象的です。何気なく見過ごしてしまう風景を写真におさめるとこんなにも奥が深い絵になるんですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-09-12 20:48
hisamiさん、背中で物語を語れる人は、見える以上の何かを見ている人なのでしょうね。
走り過ぎて、ふと戻って、シャッターを押しました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-09-12 20:50
tossyさんの乗るフェンダーミラーの車はどんな車でしょう。流麗な曲線を持ったアルファロメオのセダンでしょうか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-09-12 20:52
ぷろとんさん、その頃まだ車を持っていなかった私は、スバル360、R−2に乗っている人がとてもうらやましかったです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-09-12 20:56
リラさんのコメントに照れて、頭をかいています。
私もtossyさんの車を七里ヶ浜で見るのが楽しみです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-09-12 21:02
ETさん、そうでしたか。 富士重工は飛行機を作っていた会社ですよね。技術が確かなので、私の友人にもファンが多かったです。
走りながら写真を撮るので、スナップ的な写真が多いのですが、時々、この瞬間にしかないという景色に出会えます。


<< 季節の1ページ。      大榎の広場。 >>