2004年 12月 16日

通りの向かいの、赤い灯り。

04/12/16 Thu.
鎌倉、若宮大路。赤い灯りが眼にしみるようになると、冬は足元に漂っているはず。
b0022268_23151857.jpg


by hirofumi_nakayama | 2004-12-16 23:11 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by biwakokayo3 at 2004-12-17 10:02
寒い時に見る灯りはホッとしてとても嬉しいですね。
何だか焚き火に当たったようなぬくもりを感じます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2004-12-17 23:12
biwakokayoさん、赤い灯の左は焼き鳥屋の「秀吉」で、右はラーメンと餃子の店「大新」。店の中は、とても暖かいのです。


<< 海の頬を、風が撫でる。      秋の最終章。 >>