2010年 12月 28日

歳末風景。

レンバイ(鎌倉農協連即売所)は、お正月を迎えるための野菜を買いに来た人々で大賑わい。うきうきして張りのある空気が漂っている。大晦日まで営業したあと、4日まで正月休みになるそうだ。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_21523175.jpg

b0022268_21541443.jpg


by hirofumi_nakayama | 2010-12-28 21:54 | in Kamakura city | Comments(16)
Commented by 水仙 at 2010-12-29 01:50 x
あと3日で今年も終わりですか。
この時期、例年もっと寒かったような気がします。
年の瀬という気分にならないのは、そのせいでしょうか・・・。

我が家の年老いた猫が気がかりで、この数年まともに帰省できずにいます。
おそらく今年も・・・
年老いているのはネコだけじゃなく両親もなので、こちらも気になってはいるのですが。
今日は、ワインで少し酔ってしまいました。
Commented by tossy at 2010-12-29 02:11 x
水仙さん、ぼくは猫が好きですが、今の猫はごはんが欲しいときだけ、くっついてくる薄情ものです。
ご両親を今のうちにいっぱい大切にしてください。多分、まだ元気だから、、とか思うだろうけど、
今からできるかぎり親孝行したらいいと思います。
僕も今日は(も)外で飲んできて酔ってます。
(酔うとなおさら寂しい気持ちになることあります)
Commented by hisami at 2010-12-29 06:35 x
年の瀬ですね~
私も買い物しなくては…
廉売で手に入れたお野菜で料理を作ると美味しく仕上がる気がします(笑
春に訪れた時 ここで買ったタケノコとトマトの味は忘れられません。

あれ以来娘のところへは行くことができませんでした。
というより、行かずに済みましたと言ったほうがよいでしょうか・・・
でも本当はは行きたかったと言うのが正直なところです。
その娘も 昨夜おそくに帰省してまいりました。
息子は帰省しないようですが しばらく賑やかになりそうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-29 20:57
tossyさん、喪中で年を越されるtossyさんの言葉は、胸にしみます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-29 20:59
水仙さん、今日も暖かくて、年末の仕事の一つ、クルマを洗ったあとに飲んだビールは、ほんとにおいしかった。全国的には年末に向かって大荒れになるという予報が出ていますが。
老いるものを見送ってまた私たちも少しずつ老いていく。順繰りと分かっていても、寂しいものがあります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-29 21:03
hisamiさん、いつか「七里ヶ浜の会」でお会いすることを楽しみにしています。
Commented by ぷろとん at 2010-12-29 21:17 x
活気が伝わってきます。主婦魂が燃えます。こちらにはないお野菜もありそう。
Commented by uki at 2010-12-29 22:33 x
歳末のレンバイを見て「買い物魂」燃えてきました!
明日からは完全主婦になりきり、お客様を迎えます(両親、親戚ですけど・・)

hisamiさん、お嬢さんはお元気で鎌倉生活しているのですね♪
来年、就職で家を離れる娘と重なりました。。
Commented by riko at 2010-12-30 01:07 x
歳末らしく活気があっていいですね!
色とりどりなのは地場のお野菜でしょうか。。
我が家にもたくさんの野菜が届き、冷蔵庫の中満載になりました♪
Commented by 水仙 at 2010-12-30 01:15 x
tossyさん、今年なぜだか急に田舎の両親が気になり始め、
すると17年の付き合いになる我が愛猫も急に年老いてきてしまいました。
子供たちよりも、夫よりも付き合いの長い私の相棒ですが、両親も気になります。

^_^では、来年の抱負は「親孝行」。。。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-30 21:41
ぷろとんさん、主婦魂ですか、いいですね。
西洋野菜を多く栽培している農家もあるそうです。鎌倉に住む東京のフランス料理店の店長が、毎朝ここで野菜を仕入れて東京に運ぶそうですよ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-30 21:49
ukiさん、「主婦魂」の次には「買い物魂」ですね。男には何の魂があったっけ。
子どもたちを新たなステージに送り出す気持ちは格別でしょう。「手が離れる」開放感と「手を放す」不安が混合するのでしょうか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-30 21:52
rikoさん、みんな地場の野菜です。お花もあります。鎌倉はけっこう畑があって。
そう言えば。鎌倉は海に面しているから、鎌倉漁協連即売所があってもいいのに、といつも思います。
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-30 21:59
水仙さん、年老いていく親にも、猫にも、出来ることはいつも気にかけて顔を合わせ、声を掛けることだと思います。
Commented by tossy at 2010-12-31 00:21 x
中山さんのおっしゃるとおりですね。顔見れなくても声だけでも。
それにしても17年のお付き合いなネコちゃんは長生きですね!
Commented by hirofumi_nakayama at 2010-12-31 21:03
tossyさん、声だけでも。気にかけていることを伝えることだけでも。


<< 歳末の小春日和。      焼き芋屋さん。 >>