2011年 01月 26日

江の島の東から。

江の島の東、すなわち、七里ヶ浜から。ランドマークがあると、たかだか1キロか2キロしか離れていないのに、夕景色の趣がずいぶん異なる。陽が沈む頃、雲がドラマチックに動いた。
(CANON EOS 5D Mark 2)
b0022268_21274474.jpg

b0022268_21324555.jpg

b0022268_21291254.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-01-26 21:33 | sea,shore,beach | Comments(14)
Commented by riko at 2011-01-26 21:58 x
七色できれい♪
輝く夕陽と、暗雲からのぞく青空と白い雲。。
いろんな表情を持つ贅沢な空ですね!
江ノ島を舞台に繰り広げられるドラマのようです。
Commented by ぷろとん at 2011-01-26 23:39 x
ほんとにドラマチックですね。空を飛ぶ鳥たちも、ドラマを盛り上げていますね。
Commented by 水仙 at 2011-01-27 00:04 x
なんですかー!この空と海・・・。
こんな空だったのですね、今日は見上げるの忘れてたなあ。
Commented by sekky at 2011-01-27 00:26 x
1枚目、オレンジ色と青色の対比がすごいですね。
鮮やか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-27 22:07
rikoさん、時間にすれば5分か10分ほどのドラマでした。今まであまり見たことのない珍しい景色でした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-27 22:10
ぷろとんさん、鳥はトンビでした。10羽ほど海岸にいて、近づくと一斉に飛び立ちました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-27 22:14
水仙さん、もしかして、と思って海岸に降りていくと、待っていたようにドラマが展開しました。海は気まぐれで、目が離せません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-27 22:18
sekkyさん、こんな色の対比を見せる夕景色も珍しいことでした。冬の季節ならではの景色ですね。
Commented by ET at 2011-01-27 22:59 x
3枚ともまったく違ったニュアンスで素敵です。色といい雲の形といい絵画の世界です。 短い時間にこんなに表情を変えてしまう自然ってすごい!の一言です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-28 22:04
ETさん、23日の鎌倉徘徊はいかがでしたか? お会いできませんでしたが、次の機会を楽しみにしています。
Commented by ET at 2011-01-29 00:11 x
nakayamaさん、23日は久しぶりのメンバーで楽しかったですよ!長谷の古民家を改造したレストランで旧交を深めました。江ノ電の線路の枕木の上を歩いてそのレストランがあり、珍しい経験をしました。以前にも同じような経験をしましたが、江ノ電が軒先を走っているため結構そういう場所がありますよね!よく事故がないものだと感心します。
天気はあまりよくはなかったですが、友人の家から大島がうっすらと見えてました。今は7時頃部屋から朝陽が昇るのが見えるそうです。羨ましい限りです、。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-29 21:01
ETさん、確か「わたべ」といったかな、昭和の昔に帰ったような家ですよね。実はまだ入ったことがないのです。長谷では「田茂登」という日本料理屋が地元の人間に評判です。そこも入ったことがないのですが。
Commented by ET at 2011-01-30 00:04 x
そうです、「わたべ」です。古民家の風情で洋食を出してくれるギャップが、さすが鎌倉!と感心しました。
今度は、是非「田茂登」にも挑戦してみたいです。ありがとうございます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-01-30 21:24
ETさん、「田茂登』は、ミシュランの星をもらったようです。


<< インフォメーション。      江の島の西。 >>