2011年 02月 09日

印象派の空。

曇り空が去って、午後から晴れ間が現れた。空のキャンバスに、繊細なタッチを置いたような夕空が広がった。
(CANON EOS 5D Mark 2)

「芸術新潮」という雑誌の最新号に掲載されている広告のコピーの中に、アン・モロウ・リンドバーグさんのエッセイ「海からの贈物」からの一節が引用されている。
「海はもの欲しげなものや、焦っているものには何も与えない」
もう一度、その本を読みたくなった。

b0022268_21232117.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-02-09 21:24 | sea,shore,beach | Comments(17)
Commented by riko at 2011-02-09 23:24 x
なるほど~
いつも焦ってる自分を反省しました!

そしてこの夕空を見て、今心がからっぽになりました♪
Commented by tossy at 2011-02-09 23:51 x
あ〜,,なんとも言えない、いいですねぇ。

3月に行きたいと思ったけど、仕事で休みが読めないのでいまのところ
5月のゴールデンウィーク後半に行きたいと考えています。
そのときは、僕も一眼レフをぶら下げているかもしれません・・・。

「芸術新潮」興味あるタイトルのときは拝見するので、改めて見てみますね。

Commented by さくら at 2011-02-10 10:03 x
深呼吸をしてリラックスしたくなる風景です。

tossyさん、私も5月6日に予定しております。
七里ガ浜海岸あたりで会えたりして。。。。
Commented by biwakokayo4 at 2011-02-10 12:03
>「海はもの欲しげなものや、焦っているものには何も与えない」
無心になれば見えてくるものがあるのでしょうね。
これはすべてのことにあてはまりそうです。

↓ の写真
>放射状に光のはしごが降りてきた
できるならば登って行ってみたいですが
戻る時に梯子が外されて降りてこれなくなっては困りますね。(笑)
Commented by uki at 2011-02-10 18:32 x
淡い色彩の微妙なグラデーションは、なるほど・・、印象派の画家が描いた空のようですね。
それに対して、リンドバーグさんの言葉は、重く厳しいものでした。肝に銘じなければ。。!
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-10 22:07
rikoさん、無心でいる人を海はいつでも歓迎するということでしょうか。今度、原文で読んでみる必要がありそうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-10 22:11
tossyさん、5月6日がキーポイントですよ。下のさくらさんのコメントについて、ご検討下さい。
芸術新潮の広告は、意外にゴルフクラブの「ONOFF」というメーカーの広告でした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-10 22:12
さくらさん、5月6日、分かりました。みんなでお会いできるといいですね。楽しみにしたいます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-10 22:14
biwakokayoさん、自然には素直に対峙しなさいということでしょうか。確かに全てに、素直になれるといいですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-10 22:18
ukiさん、アンさんは大西洋を世界で初めて飛行機で横断したリンドバーグの奥さんです。自然に素直になれば自然が素直に返ってくるという、とてもシンプルなことを話されているのでは、と思います。ukiさんが普段そうであることでしょう。
Commented by tossy at 2011-02-11 00:46 x
僕は5月5日 〜3日間の予定で航空機予約していますよ!
なので、6日には是非! ・・・これまでにない美味しいビールが飲めますね♪さくらさん楽しみです。中山さん、しっかり空けていてくださいね、
今夜は、金沢でモツ鍋飲み放題でした・・
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-11 22:36
tossyさん、さくらさん、5月6日は面白くなりそうですね。
「楽しみにしたいます」とさくらさんに書いてしまいました。酔っていたせいではありません。もちろん、「楽しみにしています」。
Commented by uki at 2011-02-12 07:17 x
あらあら、なんだか楽しそうですね♪ いいなぁ。。
5月6日、ひとごとですが、わくわくしますね♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-12 21:34
ukiさんもその場所にいたら、と夢のようなことを思いました。
Commented by tossy at 2011-02-12 23:45 x
nakayamaさんと同じ気持ち。
ukiさん、いろいろお忙しいことと思いますが・・・。
今日、金沢市内でぼくのクルマの前に札幌ナンバーがいました!

Commented by uki at 2011-02-13 17:11 x
ホントに、その場に参加できたら、どんなに楽しいかと思います。
いつか、ビールで「かんぱ~い!!」をしましょう♪

今日、吉行和子さんのエッセイを読んでいたら、その中に「海からの贈り物」について語っている部分があって、タイムリーで、驚きでした。
「浜辺で見つけた貝を見ながらの独り言」だそうで、海の側で暮らしているnakayamaさんにはきっと染み入る一冊なのでしょうね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-13 22:17
tossyさん、ukiさん、ご一緒にビールを飲む日を夢見ることにしましょう。
ukiさん、「海からの贈り物」を早速明日、再読してみることにします。


<< 新しいお友だち。      天使の降臨。 >>