2011年 02月 14日

ウィンドー点々。

御成の鎌倉中央図書館に資料を探しに自転車で走った帰りに、点々とウィンドーに立ち寄って、意味から離れた写真を撮る。
(CANON EOS 40D)

<Cloud Building>
b0022268_21343735.jpg

<ア・ビアント>
b0022268_21581842.jpg

<土屋鞄製造所>
これは、意味があった。今日のバレンタインデーに合わせて店頭に掲げられたメッセージだ。サン・テグジュペリの言葉が、チョコレート色の台紙の上にある。「顔を見合わせているだけでは、愛していることにならない。同じ気持で同じ方向に一つになることが愛することの本質だ」というようなことだろうか。
b0022268_2135569.jpg

<Cloud Building>
b0022268_21363713.jpg

<4cups + desserts>
b0022268_21372411.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-02-14 21:54 | in Kamakura city | Comments(12)
Commented by tossy at 2011-02-14 22:20 x
先ほど帰宅、落ち着きここへ来たら、この写真で運動で疲れた身体と心が癒されました。
メッセージも素敵ですが、一枚目のブルーっぼい写真好きです。やっぱり鎌倉いいですね。

先ほどテレビで、関東が雪のようですね。鎌倉はいかがですか?こちらは降っていません。
ランニング滑らないようにお気をつけください。
Commented by ぷろとん at 2011-02-14 22:40 x
1枚目がとてもすてき。サンテグジュベリの言葉もよいですね。
ドイツ語の絵本も、懐かしい感じがします。
本当に、ここへ来てほっとしました。
Commented by riko at 2011-02-14 23:50 x
ハッピーバレンタイン♪
サン・テグジュペリの一節とチョコレート色が今日を盛り上げてくれますね!

nakayamaさんがウィンドーで見つけるアイテムはどれも愛らしくオシャレですね♪

Commented by 水仙 at 2011-02-15 01:58 x
おしゃれな雑貨屋さんを紹介するページに載っていそうですね。
私は、ニワトリとヒヨコとネコが目を惹きました。

今夜はこちらも大粒の雪が降っています。
夜なのに、雪景色のせいでぼんやりと明るい世界に見とれました。
つい足を踏み出したい衝動に駆られます。
小4息子は、まるで犬のように雪の中へ飛び出したそうにしながら
明日の朝を楽しみに布団の中へ入りました。
Commented by hisami at 2011-02-15 07:25 x
中山さんのウィンドーを覗く目線はいつも温かですね。
皆がここで癒されるのがわかります。

一転 今度は雪ですか・・・
行ったり来たりして季節はうつろいで行くのでしたね。。。
お風邪をひかぬようご自愛ください。
Commented by uki at 2011-02-15 21:20 x
二枚目の枯れほおずき?、触れると「くしゃっ」と壊れてしまいそうな、儚げな感じがステキです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-15 21:57
tossyさん、今朝は起きて雪景色を見るのを楽しみにしていたのに、すでに道路は半分黒くなっていました。がっかりでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-15 22:01
ぷろとんさんはきっとあの絵本の写真を見てくれるだろうと思っていました。「ほっとする」という言葉をお聞きすると、私もほっとします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-15 22:05
rikoさん、バレンタインを象徴するようなチョコレートを撮ろうと探していたのですが、お菓子やさんには詳しくないので、見つけることができませんでした。かわりにサン・テクジュペりの言葉に会いました。団子より花でした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-15 22:08
水仙さんもあの絵本に眼がいきました? 絵の中で雪が降っているようにも見えたので、昨夜、タイミングのいい絵になったと思っていました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-15 22:10
hisamiさん、昨夜の雪を忘れて暖かい一日。風邪をひくひまもありませんでした。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-15 22:11
ukiさん、長谷の雑貨屋にありました。売り物です。昨年の3月に小さな魚屋さんのあとに店を開いたそうです。


<< 稲村ヶ崎風景。      海辺の団欒。 >>