2011年 02月 27日

海沿いの道。

海を見ながら走る道には、いくつも物語が折り重なっている。坂ノ下の浜辺から振り返って、走ってきた道を見る。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_20582534.jpg




寸前まで夕陽は雲に隠れていたのに、陽が沈む前のほんの数分間ほどのドラマだった。
b0022268_20593434.jpg

b0022268_2103887.jpg

b0022268_2111691.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-02-27 21:02 | sea,shore,beach | Comments(2)
Commented by riko at 2011-02-27 22:59 x
坂ノ下の海岸からの風景も清々しくてすてきですね♪
日が沈む頃になると七里ヶ浜の空には神さまがご褒美をくれるのでしょうか。。
なんだか不思議な力を感じます♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-02-28 21:40
rikoさん、このところ、陽が沈む頃になって急に空が開く現象が続いていました。夕方になると油断ができません。今日は一日中雨で、さすがにお休みでしたが。


<< 雨の片瀬漁港・西プロムナード側。      楠と桜。 >>