2011年 03月 19日

地震発生後九日目。

西友に行ってみると、「10時から7時まで営業」の貼り紙。江の電は、通常の12分間隔を24分間隔に変更して始発から終電まで運行。134号線沿いの音無川のガソリンスタンドでは、午前中から営業を再開した。地震の発生以来オンエアを中止していたNHKの連続テレビ小説「てっぱん」も再開、あかりと滝沢君の淡い恋の臨界点が見えた。徐々に平常生活に戻る足音が聞こえてくる。御成通りの商店街でも、人の動きにリズムがうかがえる。
(RICOH GR DIGITAL 3)
b0022268_20153580.jpg




「ルーユブラン」で友だちになったお人形も健在。棚から落ちて怪我をすることもなかった。
b0022268_2125870.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-03-19 20:12 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by uki at 2011-03-20 10:02 x
鎌倉のいつもと変わらない日常風景にほっ・・とします。
こういうときだからこそ、平常心で生活するよう心がけたいですね。
nakayamaさんの「エネルギー源」=ビールが品切れになりませんように。。(笑)
Commented by リラ at 2011-03-20 11:04 x
こんにちは!nakayamaさん。
平凡な毎日の繰り返しがどんなに大切で、かけがえのないものか・・・
壱枚目の写真からしみじみ感じています。

大切なお人形さんも健在!
可愛らしいオメメが輝いていますよ♪♪
まるでみんなを応援しているように見えました♪♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-03-20 20:57
ukiさん、この先に高崎屋本店があります。スタンドに寄って、ビールを飲ませてもらえばよかった。が、ご心配なく。ビールの品切れは、今のところありません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-03-20 21:02
リラさん、何気ない日常は、何ものにも代えがたい宝物だと気づきます。
前を向いて、眼の輝きを失わないようにしたいです。


<< 地震発生後十日目。      地震後一週間。今日の空・明日へ... >>