2011年 03月 25日

街のスナップ。

地震後2週間。原発事故が、収束するどころか深刻化している。不安が募る中、鎌倉の街の中は、一休止したような落ち着きが再来し、人がざわざわと動いていた。こういう時は、レンバイをのぞきたくなる。
<GR DIGITAL 3>のファームアップで使用できるようになった白黒ハイコントラストのシーンモードを試してみた。
(RICOH GR DIGITAL 3)

b0022268_23272635.jpg


b0022268_21392428.jpg


b0022268_23184770.jpg


b0022268_23221281.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-03-25 21:52 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by のりへい at 2011-03-26 15:11 x
こんにちは、ゆっくりと鎌倉の街が日常を取り戻しつつあるのが伝わります。
この2週間、nakayamaさんが数日前、紹介されたパールバックの小説の一文  「嵐が去った後は、生きている事をありがたく思わにゃいけん。だから、嵐が来るより前よりも、毎日毎日を一層大切に思うんじゃ。」キノの父親が言った言葉をかみしめています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-03-26 21:05
のりへいさん、パール・バックの言葉を心に留めて頂いて、ありがとうございました。毎日毎日を大切に思って育ったジヤは、成長してキノの妹のセツと結婚します。
神戸大地震の時には、小学生くらいでしたか? あの時も大変だったでしょう。


<< 海・空・雲。      地震発生後14日目・献花。 >>