2011年 04月 07日

材木座海岸風景。

材木座の海岸に行ってみる。東側、小坪の丘の崖に、山桜が咲いている。のんびりした景色。
かって、こうした景色が、当たり前で、変わることがあると思いもしなかった海岸地帯があった。鎮魂の思い。そのことを思う。変わることがあると思ってみなければならない。
(CANON EOS 40D)

b0022268_21204181.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-04-07 21:21 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by sekky at 2011-04-07 22:40 x
見る方の考え方、感じ方で、風景の見え方が全然変わってきますね。
材木座は光明寺が大好きで、よく日向ぼっこしに行きます。
Commented by rokophoto at 2011-04-08 07:35
同感です。
今回のことで思い知らされました。
だからこそ、大切に心に刻んでいかなければ、
写真に残しておきたいと思うこの頃です。
材木座、私も好きな場所です。
もう、山桜が咲いているんですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-04-08 21:12
sekkyさん、光明寺ものんびりしていて、時間の流れがちょっと独特の場所ですよね。私も好きなお寺です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-04-08 21:16
rokohotoさん、当たり前に見える日常風景が、実はとてもかけがえのない貴重なものだった、と痛切に感じました。
材木座の海岸は、鎌倉の海岸の中でも、特にのんびりしていて、好きです。


<< 街のグラフィティ。      桜通り・続き。 >>