2011年 04月 27日

緑の道。

新緑の季節。極楽寺駅前の坂道に、人が行き交い、通り過ぎる。それだけのことだけど、美しい景色に見える。年をとったせいか、地震後のせいか。
(CANON EOS 40D)

b0022268_2147444.jpg


b0022268_2148238.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-04-27 21:49 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by uki at 2011-04-28 07:11 x
先日、光明寺で、保育所の小さなこどもたちが遊んでいました。
幼児の一人が満開の桜の下にペタンと座り込み、エンエン泣き出しました。
保育師さん、お散歩のお年寄り、小さなワンコ。その子をまあるく囲むように輪が出来て見守っています。
その光景を思い出し、それだけのことなのに、あの時、わたしも幸せで美しい光景だなあ・・。としみじみ感じたのです。
年のせいか、地震後のせいか。。。

リラさんも、鎌倉行かれてたのですね。
わたしも13日、鎌倉にいました。
どこかで、ニアミスの可能性あり?ですね♪
Commented by リラ at 2011-04-28 14:59 x
こんにちは♪
坂道を行き交う平凡なひとこまが、とても大切に思えますね。
保育士さんの姿に若い頃、同じ仕事をしていた自分を重ねてしまいます。
何十年経っても、当時の子供たちの笑顔や小さな手のぬくもりって忘れないものですね。
13日、大町の妙本寺でお稚児さん行列を観た時に、涙が溢れてしまいました。
最近、ホントに涙もろくなりました。年のせい?地震後のせい?それプラス、泣き虫な性格だから?でしょうか。

☆ukiさん、こんにちは♪ 13日は大町、材木座界隈を散策していました。
ZEBRAさんでお昼に釜揚げシラス&菜の花の塩味パスタを頬張っていたんですよ♪
いつか鎌倉で嬉しいニアミス、期待していますね♪♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-04-28 22:14
ukiさん、あの天気のよかった13日に、お二人とも鎌倉にいらしたのですね。私も、昼、鎌倉の市内にいたのです。トリオのニアミスがあったかも知れません。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-04-28 22:19
リラさん、子どもたちを見守る保育士の方々の姿勢、心暖まるものを感じます。リラさんが保育士をされていたことがあること、分かるような気がします。私もNHKの連続テレビ小説を見て、毎日、泣いています。


<< 春の海・強風篇。      緑陰の水辺。 >>