2011年 07月 02日

東慶寺・書院。

機会があって、東慶寺のご住職にお話を伺い、水月観音堂、本堂を案内して頂いた。書院の片隅にアジサイの彩り。
(CANON EOS 40D)

b0022268_933561.jpg




b0022268_7522737.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-07-02 20:46 | in Kamakura city | Comments(7)
Commented by tossy at 2011-07-02 21:10 x
北鎌倉の東慶寺ですね。住職とはお仕事で?
ここには、哲学者 西田幾多郎先生のお墓(多分、分骨)があります。
以前にもお伝えしたかと思いますが、西田先生の生誕地はウチのすぐ近所です。
中山さんもご存知の七里ケ浜の歩道沿いにも碑があり、稲村ケ崎には先生の晩年の家が現存していますね。
ぼくが鎌倉に惹かれるのは、なにかあるのかもしれません。

また、西田哲学のご縁で、こちらにドイツからの国際交流員の方が勤務しています。
彼女も鎌倉の海がお好きなので、「七里ケ浜だより」を勝手ながらご紹介させていただきました。
ぼくの愚作な写真を見ていただいた方には、師匠のプロク゜をご案内しています。
Commented by uki at 2011-07-03 17:31 x
先日、井上ひさし著「東慶寺花たより」を購入しましたが、読み始めるとのめり込みそうなので、鎌倉検定あとに読もうと、表紙を眺めては、「イケナイ、アトデ・・」とため息です。。
水月観音様は優美でウットリしますね。いつか実際にお目にかかりたいです。

tossyさん、西田幾多郎先生は検定のテキストにも出て来られます。
tossyさんのコメントで、西田先生のことはココロに焼き付けました!
検定問題に出ることを願ってます♪♪
Commented by hisami at 2011-07-03 19:36 x
先週土曜日、東慶寺を訪れました。
暑さに慣れず 体中から汗が噴き出るほどでしたが、
山門をくぐり 奥に進むほど 落ち着き 汗もおさまったのを覚えています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-07-03 21:00
tossyさん、確かに。西田幾多郎のお墓、ありました。
ご縁があるのでしょう。移住計画はその後、いかがですか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-07-03 21:03
ukiさん、水月観音像、小ぶりなのに、存在感があり、びっくりしました。多少流し目です。ご住職は、その流し目の先の角度から見る観音像が最高ですと、教えてくれました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-07-03 21:06
hisamiさん、先週だったら、イワタバコの花が満開だったでしょう。東慶寺、品格があって、足しげく通いたいお寺です。
Commented by tossy at 2011-07-04 04:40 x
ukiさん、鎌倉検定 頑張ってくださいね。お会いできればと思っています。

移住には壁がありますが、人生一度限りなので。

昨日は、カメラがご縁の友のお誘いで、お隣の富山で開催された女子オープントーナメント(ゴルフ)最終日、
苦手な早起して観戦して参りました。近年ぼくはゴルフしないけど横峯さくらさんのスゴいプレーで鳥肌たちました。(&日焼け)
帰途は、加賀藩前田家ゆかりの寺で写真撮りして遊びました(笑)


<< フォト・ランニング日記。      夏の踏切。 >>