2011年 11月 01日

浜辺の信号。

最近撮影したことのある坂ノ下の案山子を見に行ったら、漁師小屋の奥さんが現れて、「裏を見て!」と促す。
案山子の顔がぶら下がっていた他に、奥さんが前の浜辺で拾った桜貝を紙の上に並べて作った作品が、小屋の裏、歩道側の壁に展示されていた。
(CANON EOS 40D)

b0022268_21322832.jpg


b0022268_2132573.jpg


b0022268_21333493.jpg




b0022268_2135452.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-11-01 21:35 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by ぷろとん at 2011-11-01 21:45 x
一番下の写真、いざ海へ!といった風情のかかしくんですね。
桜貝、子どもの頃、鎌倉の海でよく拾いました。瓶に入れて飾っていました。
Commented by tossy at 2011-11-01 21:48 x
これって、ハロウィンでは?
先の日曜、ニッカウヰスキー宮城峡を訪問したあと、仙台市の繁華街散歩したら、
可愛い子供たちのハロウィン着飾り賑やかなのに遭遇し癒されました♪
Commented by 水仙 at 2011-11-02 09:48 x
浜に案山子なんて面白いですね♪
風に吹かれながら一日中海を眺めて、彼は何を・・・
きっと色々なものを守るのですね。

漁師小屋の奥様、男勝り(失礼しました!)なイメージがありますが、
小さな桜貝をひとつひとつ貼り付けた作品に女らしさを感じます。
とたん屋根もカラフルですね。上ってご自分でペイントしたのでしょうか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-02 22:19
ぷろとんさん、桜貝のピンク色、自然の色の味わいは、ほんとにすばらしいですよね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-02 22:21
tossyさん、ハロウィーンではないようです。ランニングコースにあるので、明日この前を走り抜ける時に、奥さんに聞いてみようかな。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-02 22:26
水仙さん、あのトタン屋根は、最近塗ったようです。明日またあの奥さんに会えると面白いのですが。


<< 木パン画。      ウィンドーの中のポエジー。 >>