2011年 11月 02日

木パン画。

由比ヶ浜大通り、小さな雑貨ショップ、「mar」。店頭のウィンドーに見える2012年のカレンダーは、パンをモチーフにした木版画を利用している。彦坂木版工房の彦坂有紀(ユキ)さんが、相模原のパン屋さんのパンを木版画に表したそうだ。塩味アンパン、食パンにフランスパン。触感の上に匂いさえも感じられるような、3種類の木版画。有紀さんはまだ20代の女性だそうだ。
(CANON EOS 40D)

b0022268_22204995.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-11-02 22:21 | in Kamakura city | Comments(12)
Commented by ぷろとん at 2011-11-02 23:25 x
ああ、いいですねぇ。食いしん坊にはたまりません。
優しい色合いがまた、美味しそうです。
いつも目につくところにあったら、ちょっとだけ目に毒かもしれません。
Commented by hisami at 2011-11-03 09:14 x
これが木版画なんですか?驚きです。
版画と言えば白黒の…って時代遅れもいいとこですね(苦笑
Commented by あまね at 2011-11-03 21:08 x
はじめてコメントします。今日このblog上のやりとりがきっかけでYUKIさんが個展に来てくれました。うれしいな。
それとうちの妻も今日mar行って来て木パン画を見て感動したそうです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-03 21:35
ぷろとんさん、やわらかい色合いです。カレンダーを触りたくなってしまいました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-03 21:36
hisamiさん、これだけやわらかい色合いを木版画で表現できるのですね。私もびっくりしました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-03 21:39
あまねさん、個展は今日からでしたね。29日まで、若宮大路の「COBAKABA」。近いうちに、「PATAGONIA」の店先のベンチでビールを飲んだあと、伺います。
Commented by uki at 2011-11-04 19:44 x
nakayamaさん、3日の午前にあまねさんの作品を見させていただきました。
nakayamaさん、いらしゃらないかな。。?とチラッと思ったりしました。
とても温かな作品で、心がほっこりいたしました。
ノートにいざ感想を!と書き込み始めましたが、「ありがとうございます」と意味不明?なトンチンカンなコメントに、あまねさんも??だったのではないでしょうか、、
朝から満たされた気持ちになりました。
再度、ありがとうございます♪

Commented by hirofumi_nakayama at 2011-11-04 22:20
ukiさん、3日の午前中は、海沿いにカメラを片手に走っていました。
次回は、事前にご連絡下さい。
Commented by uki at 2011-11-05 06:29 x
nakayamaさん、海沿いにいらしたのですね。
わたしは朝の妙本寺でまったりしたあと、COBAKABAさんに行きました。
その後、念願の覚園寺へ。
奥深い谷戸に包まれたこのお寺、案内してくださった方が、この谷戸全体が、お寺の景観です、とおっしゃっていましたが、まったくその通りですね。
また足を運びたくなるお寺さんでした。
次回はご連絡いたします♪
Commented by tossy at 2011-11-05 23:27 x
覚園寺、昨年父が他界したとき、中山さんに教えていただきお参りしました。
しずかで、とても良い時間を過ごしました。案内していただいたとき
ほくは、閻魔様に罰せられるかもと思ったような・・。
Commented by uki at 2011-11-06 17:35 x
tossyさんが閻魔さまに罰せられるわけないじゃないですか!
実はわたしも黒地蔵さまの案内をしていただいてる時、「六道」のどこに行き着くか、胸に手を当てて考えてしまいました(笑)
Commented by tossy at 2011-11-06 21:09 x
やっぱり、ukiさんも考えましたか。同じことやってますね。あははっ


<< 七里ヶ浜の夕景・一昨日篇。      浜辺の信号。 >>