2011年 12月 30日

冬陽。

昼下がりの冬の陽射し。低い位置からやってきて、人の姿を浮かび上がらせる。お節料理の材料を買ってきたのだろうか、重そうな荷物を両手に提げた人が歩いて行く。
(12/12/29 CANON EOS 40D)

b0022268_21584645.jpg


by hirofumi_nakayama | 2011-12-30 21:53 | sea,shore,beach | Comments(8)
Commented by tossyk at 2011-12-30 23:42
昼下がりですか・・アスファルトの向こうにキラキラとしたいつもの海、
家路に向かう人、なんでもない平和が心地良いです。

今日、人の命のはかなさを改めて感じる日となりました。
この画で癒される人はたくさんいることでしょうね。
少し早いですが、nakayamaさん、ここに集う皆様、どうか良い年をお迎えください。
Commented by hisami at 2011-12-31 06:50 x
今年は中山さんにお会いできたことがうれしい出来事でした。
しかし世の中は激震の走った年。どうか被災者の皆さんが明るい希望を持って暮らせる日々がやってきますように・・・
そして中山さん、皆さんに 素敵な新年が訪れますように・・・
心から祈念いたします。
Commented by kuribatake at 2011-12-31 06:59
おはようございます^^
お邪魔して草々「ウワ!!」と言ってしまいました。海の明るさに人がシルエットになって…
「電信柱のある風景は貴重…」もnakayamaさんのブログで教えてもらった事 思い出しました
来年も機会があったら江の島に遊びに行きたいです^^。
来年はnakayamaさんにとりまして良き年になります様に
Commented by uki at 2011-12-31 15:26 x
どこにでもあるような日常の光景。でも、通りの先には光る海。
これが鎌倉(七里ヶ浜)ですよね。
この通りの先の銀色の海が、来年の行き先のように見えてきました。
皆様にとって、来年が穏やかで明るい年になりますように♪
nakayamaさん、あした(来年)もありますね♪


Commented by hirofumi_nakayama at 2011-12-31 21:15
tossykさん、「なんでもない平和」。私が写真の中で言いたかったことでした。平凡な営みの中にかけがえのない幸せがありますよね。ビールを飲み干す毎日の瞬間に幸せを感じます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-12-31 21:18
hisamiさん、また来年もお会いできることを念じています。
hisamiさんも、鎌倉で働いていらっしゃる娘さんも、よい年をお迎え下さい。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-12-31 21:23
kuribatakeさん、お久しぶりです。お元気でしたか? 電信柱のこと、よく覚えていてくれましたね。
前回こちらに見えた時はすれ違いでしたが、次回にお会いできる日を楽しみにしています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2011-12-31 21:26
ukiさん、今年も、さまざまにコメントをありがとうございました。「あしたもあります」の看板を掲げ続ける勇気をいただきました。
来年もよろしくお願いします。


<< 七里ヶ浜・2011年最後の夕景色。      奴の決意。 >>