2012年 02月 25日

御成通りクロヌマ・木村伊兵衛風。

せいぜい一つ200円まで。お小遣いで買える子どものおもちゃが並んだ「クロヌマ」は、今日も子どもたちでにぎわっている。昨夏の台風が運んできた強風で壊れた南側の壁は、何とかとりつくろって、営業は続けている。
(CANON EOS 5D Mark 2)

b0022268_21251288.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-02-25 21:22 | in Kamakura city | Comments(12)
Commented by hisami at 2012-02-26 06:42 x
今もこのようなお店があるんですね。駄菓子なんかも売っているのでしょうか?懐かしいですね~。
古き良き時代は永遠に残ってほしいですね。

今日は 実はかんじきウォーク体験してくるんです。
たのしみです!
Commented by 歳三 at 2012-02-26 08:20 x
鎌倉市民にとってはある意味、心の故郷ですね〜
Commented by tossyk at 2012-02-26 09:06
あー、クロヌマさんってあの角に位置しているお店ですね♪
ちらっと覗いたことあるけど、なんでも並んでましたよね。
Commented by ぷろとん at 2012-02-26 18:56 x
昔はこういうお店があちこちにあったのですが、鎌倉のクロヌマさんは、その中でもすごく大きくて、たまに行くと夢の国でしたね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-02-26 19:25
hisamiさん、昭和の初めの風景みたいですよね。駄菓子はなくて、紙風船やシャボン玉やベーゴマなど、子どものためのおもちゃと、障子紙、封筒などの紙製品が置いてあります。ご主人も昭和の風格があって、見ものですよ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-02-26 19:26
歳三さん、今の子どもたちにも、毎日心の故郷を作り続けていることがすごいです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-02-26 19:30
tossykさん、そうです、そのお店です。年代を越えて楽しめます。先日、200円でミニクーパーのミニチュアモデルを買いました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-02-26 19:33
ぷろとんさん、今でも子どもたちにとって夢の国です。台風の風にやられた南側の壁は、何とか応急処置をして雨風を防いでいますが、まだみすぼらしい姿のままで、ちょっと寂しいです。
Commented by hisami at 2012-02-26 19:44 x
余談ですが…
かんじき・・・・何が大変って、歩くより何より 履くのが大変でした。
ひもの縛りが難しく 靴がずれてしまうのです。
昔はスキー靴もひもだったけれど、よっぽどこちらの方が難しかったです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-02-26 19:56
hisamiさん、そう言えば、テレビの番組で流氷の上を歩くスノボーを小さくしたようなモダンガンジキ、見ましたよ。hisamiさんが履かれたのは、われわれの眼には馴染みのガンジキでしょうか。
Commented by hisami at 2012-02-26 20:05 x
そうです。
昔ながらの竹でできてるあれです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-02-26 20:10
なるほど、大変ですが、春が来たら部屋に飾りたくなるようなものでしょうね。


<< 梅一輪。      江の電極楽寺駅。 >>