2012年 03月 15日

落椿。

鎌倉の中心を流れる滑川。川面に、椿の花があった。落椿は俳句で、春の季語だ。
(CANON EOS 40D)

b0022268_21174799.jpg





川岸にも。

b0022268_21192668.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-03-15 21:20 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by ぷろとん at 2012-03-15 22:36 x
椿には、散っても情緒がありますよねえ。花ごと落ちるからでしょうか。
モノトーンや、渋い色が似合うから、茶花によいのですねぇ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-03-16 21:05
ぷろとんさん、おっしゃる通り、色の少ない冬の景色の中に、椿の花の彩りが際立ちます。
黄色い花芯を見ると、なぜかいつも和菓子を連想します。
Commented by riko at 2012-03-18 18:44 x
黄色い花芯が和菓子。。とはなるほど!
私は椿の浮かぶお水がとろりとした日本酒にも見えます♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-03-19 21:10
rikoさん、日本酒!ときましたか。予想外ですが、いいですね。なるほど、とろってしていますね。


<< ギャラリー・滑川の落椿。      春のあしおと。 >>