2012年 03月 28日

愛嬌。

自転車で腰越の住宅街を走っていると、眼が合った人形に気がついて、Uターンした。民家の門の脇にガラス張りの飾り棚。小学生が制作したというあやつり人形があった。春の光にぴったり馴染むいい顔してる。
(CANON EOS 5D Mark 2)

b0022268_215114.jpg




b0022268_21512853.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-03-28 21:53 | in Kamakura city | Comments(9)
Commented by 水仙 at 2012-03-29 01:29 x
変な質問ですません。
ここに貼る2枚の写真は、何枚の中から選ばれたのですか?
Commented by hisami at 2012-03-29 06:38 x
お洒落な鎌倉の雑貨屋さん、たとえばCLOUDとか・・・で飾られ売られていそうな・・・
でも、民家の門の飾棚にあるというのが、また素敵です。 
よくぞ見逃しませんでしたね。引き返したというだけありますね!

首のフランス模様のりぼんと、家にあるあまり布を持ち寄ったのでしょうか?そこが雰囲気のある作品にしていますね。作成した子供たちの顔を想像してしまいました。
Commented by uki at 2012-03-29 07:05 x
おぉ!ファンキーなあやつり人形♪
動き出して、グリム童話のお芝居でも演じそうですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-03-29 20:43
水仙さん、一枚目の写真は、人形の眼にピントを合わせて、念のため三つほどシャッターを押しました。角度を変えてもう一枚。合計5枚です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-03-29 20:54
hisamiさん、人形の表情、衣装など、秀逸ですよね。その作品を飾る家の方のセンス。ゆっくり取材をしてみたいと思いました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-03-29 20:57
ukiさん、「ファンキー!」、出てきましたね、この言葉。積極的独創性、とでも言い換えられるのでしょうか。キョンキョンのドラマをもう一度見て、研究してみましょう。
Commented by 水仙 at 2012-03-30 18:40 x
ホントに、一枚目は最初に人形の目が見えますね。
私がこの人形を撮るとしたらどうかな。
きっとまず二枚目のように正面からイチマイ。
そのあと、はたして‘魅せる写真’を撮れる位置へ移動できるか、
何枚くらい撮ったら一枚目みたいな写真が撮れるのかな。。。と思ったので。
nakayamaさんは少ない枚数でベストショットが決まりますね♪さすが。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-03-31 21:00
水仙さん、第一印象を大事にしました。「自分の文章の最後に句点の◯を置くようにシャッターを押す」、そう教えてもらったことがあります。「眼が合いました」と言いながら◯のシャッターを押しました。
Commented by 水仙 at 2012-04-01 14:37 x
^O^♪!
いいコトを教えていただきました。
私もそうしてみよう。早く撮ってみたい~。
ありがとうございます。


<< 春一題。      十二所梅園。 >>