2012年 04月 12日

源氏池の桜。

初夏を思わせるような陽気になった。鶴ヶ岡八幡宮の源氏池に、昨日の雨に打たれて落ちた桜の花が、明るい陽射しを受ける。
(CANON EOS 40D)

b0022268_206431.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-04-12 20:06 | in Kamakura city | Comments(8)
Commented by uki at 2012-04-12 22:22 x
水面が輝いて見えるのは、すべて花びらなのですね。
こういう様子を「花筏」というのですね。
散ってもなお美しいです。
Commented by ぷろとん at 2012-04-12 23:14 x
ほんとに美しいですね。錦絵のようです。
Commented by さくら at 2012-04-13 07:38 x
素敵です。
源氏物語の中に入り込んだようです。

日曜日に都内に行くのですが、まだ、桜、見られるかな?

nakayamaさん、私が探してた家、披露山でした。
Commented by hisami at 2012-04-13 20:22 x
NHKの夕どきネットワークで、八幡宮が15日に奉納予定の流鏑馬が開催される場所として紹介されていました。
雨に打たれたとは思えないくらい、まだまだ きれいに桜が見えました。
それにしても、散ってもなお美しさが映えるんですね。

Commented by hirofumi_nakayama at 2012-04-13 23:15
ukiさん、「花筏」。こういう言葉を発見した昔の人はえらい。いつもそう思います。「落花」とか、「花蓋」とかと言っても、この風情は表せませんよね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-04-13 23:18
ぷろとんさん、桜の花がまだきれいに残っていてなお、池の上が真っ白。いい瞬間に出会えました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-04-13 23:23
さくらさん、今年はまだ大丈夫と思います。が、明日の天気予報は雨後曇。雨が強くならなければいいのですが。明日は、桜で有名な東京のスポットに出かけます。
披露山にある大崎公園から見る海の景色は格別です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-04-13 23:28
hisamiさん、まだ八幡宮の流鏑馬は、一度も見たことがありませんでした。この源氏池の北にある境内の中の道で開催されるのですが。


<< 春の使者・三番目。      街のスパイス。 >>