2012年 06月 29日

コッツウォルズの記憶。

去年の今頃は、ロンドンでウィンブルドンを見ていた。コッツウォルズに旅して、ライムストーンの壁に這う、バラやアイビーを見た。鎌倉山。ライムストーン色の壁を覆うアイビーを見かけた。
(CANON EOS 40D)

b0022268_20443264.jpg




b0022268_20481613.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-06-29 20:48 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by uki at 2012-06-29 21:21 x
「ライムストーン色」。。ステキな色ですね。
近ごろ、色見本の本が手元にあったら、、と思ったりします。

ウィンブルドン、ニシコリくんがセンターコートに立つ夢をみたいですね。

nakayamaさんのお返事で、わたしもぐっすり眠って、明日にリレーできそうです♪
Commented by ぷろとん at 2012-06-30 08:27 x
なんて優しい緑色の光でしょう。
ライムストーン色は私も気になり、画像検索してしまいました。
やわらかい色ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-06-30 20:30
ukiさん、ロンドンに住む私の息子は、ウィンブルドンの中継の仕事を手伝っていて、実況アナウンサーと解説者の後ろにいてサポートする仕事をしているそうです。試合が終わって挨拶にきた伊達選手は、やっぱり素敵な人だと感想を述べていました。ニシコリ君の試合を見ることができるでしょうか。
ぐっすり眠られましたか。気持ちを切り替えられましたか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-06-30 20:33
ぷろとんさん、コッツウォルズで採石できるライムストーン。景色の土台を作る色を提供していました。柔らかい色に、薔薇の花がよく似合っていました。


<< アート・ロード。      梅雨時の海・6月28日篇。 >>