2005年 02月 01日

七里ヶ浜の夕景・1月30日篇

ほとんど雲に覆われた空に、箱根から伊豆に流れる山際に沿うように、雲の切れ目ができた。その切れ目から漏れた夕陽を受け、光の移ろいに応じて、刻々と波打ち際の色合いが変化した。
(photo:05/01/30)
b0022268_9133872.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-02-01 22:02 | sea,shore,beach | Comments(2)
Commented by tetsushi.s at 2005-02-03 23:10
うーん、美しい!
ところで、「美味しんぼ」最新巻を読んでいたら、江ノ島の方にも
人工リーフを設置する計画があるらしいことを知りました。
この美しい景色が、いつまでも見れるといいですね・・・。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-03 23:23
人工リーフ、とんでもないですね。自然を大きな循環の視野でとらえて、循環を活かすようなことを考えてほしいです。


<< 少年、眼を凝らす。      続・七里ヶ浜に、冬の陽が注ぐ。 >>