2012年 10月 03日

七里ヶ浜の夕景・10月3日篇。

しとしとと雨の降る一日。日の入りの時刻になって、わずかの間、雲が開いて空が焼け、海も赤く染まった。

b0022268_20455286.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-10-03 20:46 | sea,shore,beach | Comments(4)
Commented by uki at 2012-10-04 07:13 x
雨の日のつかの間の夕焼けは、いつもにも増して貴重ですね。
海色が美しいですね。
この色はもう秋の色だと思いました。
Commented by hisami at 2012-10-04 18:12 x
私事でバタバタしていた間に、 日がすっかり短くなり、気がつけば秋でした。
夕景に見とれる日々をとりもどしました。
この時期の七里ヶ浜での夕景を生ライブでみてみたいものです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-10-04 21:20
ukiさん、思いがけない贈り物のような夕景色でした。
秋が深まっていくことは、原色から繊細な色調を加えて変化していく過程ですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-10-04 21:22
hisamiさん、お久し振りでした。
これから夕陽が沈む位置が次第に江の島の左に移動していくと、ますます夕景色がきれいになっていきます。


<< 高い空。      秋の使者。 >>