2012年 10月 17日

秋の彩色。

鎌倉山。壁を這う蔦。秋の色が浮かぶ。

b0022268_21242597.jpg



b0022268_1223733.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-10-17 21:26 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by uki at 2012-10-17 22:00 x
朽ち果てる葉の色も、虫食いの穴も、まるで芸術作品のよう。。
Commented by ぷろとん at 2012-10-18 20:29 x
私なら、きれいな赤い葉っぱを探して撮るかもしれない。
でも、2枚目のこの鈍色と赤、バックの緑がよくて
秋そのものを表していると感じました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-10-18 20:59
ukiさんのコメントで改めてこの写真を見て、もう一度このツタの葉を撮りに行きたくなりました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-10-18 21:01
ぷろとんさん、自然の移ろいは、それだけできれいに見えますね。変化のあるところに美あり、そんな感じがします。


<< いい波、二列。      もっといい波。 >>