2005年 02月 05日

坂ノ下に、冬の陽光が注ぐ。

稲村ヶ崎と由比ヶ浜の間に、坂ノ下の漁港がある。ここにはまた、七里ヶ浜とも由比ヶ浜とも違う、いつも懐かしい別の趣きが漂う。
b0022268_1926261.jpg


by hirofumi_nakayama | 2005-02-05 19:28 | sea,shore,beach | Comments(8)
Commented by みつる at 2005-02-05 22:09 x
日本版『老人と海』の撮影とかが出来そうな所ですねぇ。
こんな素敵な場所が近くにいっぱいあるヒロさんが羨ましいです!
Commented by yu-ri628 at 2005-02-05 22:15
湘南の海にも小さな漁港があるのですか?懐かしい磯の香りも感じられます。生活感のある写真もよいですね~♪
Commented by しんや at 2005-02-05 23:48 x
のんびりとした綺麗な風景ですね。
実はこのすぐそば(ampmの前あたり)にはアオウメガメさんが住んでいて「坂ノ下カメ太」と名付けられ、昨年末まで観察されていたんですよ。
年が明けてからは観察されていないようなのでもう海に帰っていったのかもしれません。ちょっと残念です。
Commented by Jazzy at 2005-02-05 23:52 x
この漁港、湘南の海の別の一面がありますよね。
僕は明日千葉の海をモノクロで撮りたいと思っています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-06 09:00
みつるさん、多摩川も変化があって、広々していいところですよ。
上流の国立の方まで足を伸ばしても、山がほんとに近く見えて。
今は、上の方は雪をかぶっているでしょうか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-06 09:01
yu-riさん、昨日は、この写真のすぐ近くでワカメを干していました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-06 09:05
しんやさん、坂ノ下カメ太ですか。年中、坂ノ下の防波堤の上を走っていたのに、気がつきませんでした。
うちの息子も七里ヶ浜でロングボードやってますよ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2005-02-06 09:06
Jazzyさん、「東京カオス」、堪能しました。
モノクロの海、期待してます。


<< 坂ノ下の丸玉。      天声人語。 >>