2012年 12月 17日

江の電、車内ギャラリー。

東京から戻ってきて鎌倉から江の電に乗ると、車内の額面のスペースは、江の電の古い写真を陳列するギャラリーになっていた。しばし昔を偲んで感慨を生むいい企画だ。明治時代の七里ヶ浜から望む江の島。今の七里ヶ浜高校の前あたりから撮った写真だろうか。小動が見えている。

b0022268_2238346.jpg


by hirofumi_nakayama | 2012-12-17 22:37 | in Kamakura city | Comments(8)
Commented by tossyk at 2012-12-17 23:16
お疲れ様です。今夜は東京でお楽しみかな、と思っていました。
昔の江の電の写真。ほんと、周りに何もないですね。
以前、江の島の恵比寿屋さんで、もっと昔の写真なども見せていただいたことあったり、
浮世絵にも登場したりと、なんだか不思議なところで惹かれます。
Commented by 水仙 at 2012-12-18 00:39 x
昔の写真、いいですね~。
こういうの見ると、
この時代のこの場所に、どう頑張っても自分は立つことができないのだ。。。という現実を改めて知り、
ちょっと悲しい気持ちになります。
Commented by hisami at 2012-12-18 07:20 x
線路の場所は現在と同じなのでしょうか?
海側には道路も見えませんね。まるで砂浜の上を走っているかのようにみえます。
私も昔の写真みるの大好きです。
その時代そこに人が暮らしていたのだな~と思うとなぜかワクワクします。もっともっとその時代を覗きたくなります。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-12-18 21:33
tossykさん、カザフスタン大使館主催の、独立21周年記念パーティーがありました。
この時代のこと、思いを馳せると面白いですね。最近、この時代の地図を復刻したもの、手に入れました。見てるだけで面白いです。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-12-18 21:35
水仙さん、その時代のその場所に自分が立って、回りを見渡すと、どんな景色が見えるだろう、と想像すると面白いですよ。
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-12-18 21:38
hisamiさん、多分、この写真は、昔の七里ヶ浜駅ではないでしょうか。線路の位置はかなり変わりました。砂の上の轍は、きっと荷車が走った跡でしょうね。そんなことをいろいろ考えて思いが尽きません。
Commented by uki at 2012-12-18 21:40 x
100年前の永久保存的なこの写真。今も、この土地を毎日快走する愛すべき江ノ電ですが、100年後も、同じように走っているのかしら。。
走っていてほしいと願いますね♪
Commented by hirofumi_nakayama at 2012-12-19 22:06
ukiさん、100年後、どうなっているでしょうね。少しさみしいような。浜辺がまだ残っているでしょうか。


<< 街のカラー。      石焼き芋、健在。 >>