2013年 01月 01日

新年のご挨拶。

穏やかで、風もなく、のんびりと時間が過ぎていった鎌倉の元旦。極楽寺で崖が崩れて江の電が停まったことも、「のんびり」に拍車をかけた。権五郎神社に歩いて初詣。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

b0022268_22522246.jpg







b0022268_015390.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-01-01 22:42 | in Kamakura city | Comments(12)
Commented by 水仙 at 2013-01-01 23:23 x
明けましておめでとうございます♪
年末から娘が水疱瘡になってしまい、軟禁状態のお正月を迎えています。
のんびりした初詣風景・・・浸らせていただきます。
今年も毎日参りますので、よろしくお願い申し上げます。
Commented by tossyk at 2013-01-01 23:36
新年明けましておめでとうございます。
穏やかで暖かい空気感ですね。江の電が停まったなんてどうしたことでしょう。。
こちらは、積雪はありませんが少々荒れ模様で、初詣は明日にしようかと。
本年も宜しくお願い致します。

Commented by リラ at 2013-01-02 09:26 x
nakayamaさん、新年明けましておめでとうございます♪
七里ヶ浜から、今日は富士山が見えているでしょうか?
こちらは雪かきに追われることなく、静かな静かなお正月です。
(午後からお天気がくずれる予報ですので、ただ今、体力温存中?です^^;)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by Roko at 2013-01-02 13:31 x
あけまして おめでとう ございます。

元旦から、江ノ電は大変なことになっていましたね。
初詣に、大きな影響が出たことと思います。
(私は、江ノ島から七里が浜まで江ノ電で足を運びました。)
今年の元旦も、海で一日ゆっくり過ごし、富士山が一日中見えていたので嬉しかったです。
今年も、七里ヶ浜だより楽しみにしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-01-02 21:11
水仙さん、水疱瘡ですか、大変ですね。こたつの上でミカン、ビタミンCは効きませんか?
Commented by 白馬の友 at 2013-01-02 21:11 x
明けましてオメデトウ!
去年は脊椎狭窄症になり1年も苦しみましたが少し回復しております。
しかし師走に入り気管支炎で苦しみましたがこれもやっと完治しました。
年の初めから病気なんかの話しになり失礼しました。
今年こそちっちゃな旅に行きましょう・・・
Commented by ぷろとん at 2013-01-02 21:13 x
明けましておめでとうございます。
極楽寺の土砂崩れには驚きましたが、かえってのんびりした空気が流れたのですね。
今年も、またお邪魔させてください。よろしくお願いいたします。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-01-02 21:14
tossykさん、あけましておめでとうございます。
現場を通りましたけど、極楽寺の駅のホームの向かいにある小さな崖が崩れ落ちてレールにかかっていました。水道管が壊れて漏れた水が崖に貯まったのが原因と人づてに聞きましたが、どうでしょう。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-01-02 21:16
リラさんの言葉で、今日は、昨日の富士山の写真を掲載することにしました。きれいでしたよ。
天気予報では、そちらに明日寒気が押し寄せるようですね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-01-02 21:20
Rokoさん、あけましておめでとうございます。新しいカメラの調子はいかがですか? 昨年の後半に目白押しで各社から魅力的なカメラが発売され、あれもほしい、これもほしい、と思わせてくれますね。あのカメラではこう撮ろうかな、と頭の中でシミュレーションする毎日です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-01-02 21:22
白馬の友さん、赤城村から法師温泉方面へと巡る旅、今年は楽しみにしています。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-01-02 21:26
ぷろとんさん、あけましておめでとうございます。歩いて初詣に神社に向かう人々で道々がにぎやかでした。不便になると、かえってのどかな空気が流れているような気がしました。


<< 新年のご挨拶・続き。      七里ヶ浜の夕景・大晦日篇。 >>