2013年 02月 07日

松と夕焼け。

稲村ヶ崎の切り通しの海側の崖。松が夕陽に浮かび、トンビが舞う。

b0022268_20551533.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-02-07 20:55 | in Kamakura city | Comments(2)
Commented by ぷろとん at 2013-02-07 23:18 x
失われつつある、日本の海沿いの風景ですね。懐かしさを感じます。
神戸にも松と浜の時代があったけれど、今では埋め立てが進み、目の前の浜の海水浴の記憶を話してくれる方々がいなければ、想像もつかないほど過去のものとなってしまいました。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-02-08 20:40
ぷろとんさん、鎌倉に住む70歳に近い先輩の話を聞くと、彼らが小さい頃には、鎌倉の浜辺から住宅地にかけて、松林で覆われていたそうです。


<< 冬の海・2月8日篇。      暖色の風景。 >>