2013年 04月 05日

ダイヤモンド富士。

昨日の写真のスポットに行って、みんなの間に入ってダイヤモンド富士を撮影した。落ちる途中の夕陽が雲に入り、みんなをやきもきさせたが、薄もやをまとったままの夕陽が何とか富士山の頂きに沈んでいく様子が確認できた。上からすとんと腰掛けるように落ちるという印象があるが、実際には、左上から右下に斜めに転がるように入っていく。
みんなと同じ場所で同じ瞬間に撮影した写真が、誰とも違った写真に仕上がっていることを望む。

b0022268_2118976.jpg



b0022268_2118529.jpg



b0022268_2123987.jpg










b0022268_21112150.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-04-05 21:22 | sea,shore,beach | Comments(6)
Commented by hisami at 2013-04-06 08:04 x
この瞬間に渡り鳥がやってくるとは、
ベストショットタイミングを知っているかのようで 
なんともにっくいですね!(笑
Commented by ぷろとん at 2013-04-06 11:05 x
ほんとに、鳥の姿がある事で、また趣きがちがいますね。薄雲がまた幻想的で素敵です。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-06 20:44
hisamiさん、グッドタイミング。でも、なんだか、花札みたいになってしまいました。ま、いいっか。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-06 20:45
ぷろとんさん、外国のどこにもない景色。日本の風景には、なっているかな。
Commented by tossyk at 2013-04-07 22:22
言葉がでないんですが、もしもこの場にぼくがいても撮れないですよね・・
これは、他のカメラマンのように三脚で撮ったの? 手持ちだったらすごいな。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-11 11:47
tossykさん、手持ちです。常用カメラをOLYMPUSの<OMD EMー5>というカメラをに変えて使っています。汗にも強いし、手ぶれ補正の機能がよく効いています。


<< 紅色の階調。      カメラマン群。 >>