2013年 04月 08日

諸葛菜。

念のために、手元に置いている講談社学術文庫の国語辞典で「しょかっさい」を引いてみると、タイトルの漢字は表記されていなかった。ハナダイコンの中国語名が諸葛菜。桜の季節が過ぎると、鎌倉の谷戸のあちこちで見かけるようになる。十六夜山道に向かう小さな谷戸の間をすり抜けてきた陽射しが、諸葛菜を浮かび上がらせている。


b0022268_20312590.jpg


by hirofumi_nakayama | 2013-04-08 20:32 | in Kamakura city | Comments(4)
Commented by 水仙 at 2013-04-09 02:30 x
今日は嵐のような一日・・・
上の息子が中学校(午前)の、下の娘が小学校(午後)の、それぞれ入学式でした。

風が強い日が多いですね。
鎌倉の風に包まれたい、どっぷり浸かりたい!
と、疲れた体が申しております。
Commented by さくら at 2013-04-09 10:02 x
昨日は、お会い出来て嬉しかったです。
久々の七里ガ浜、リフレッシュ出来ました。
やっぱりいいですね~
今度、ゆっくり行きます。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-09 20:53
水仙さん、今日もこちらは強風が吹き荒れました。
一日でお子さん二人の入学式を迎えるって、なかなかない経験ですね。下の娘さんはもう小学生ですか。月日は過ぎていますね。
娘さんのお弁当を作らなくてよくなったかわりに、上の息子さんのお弁当を作る必要ができましたね。
Commented by hirofumi_nakayama at 2013-04-09 20:55
さくらさん、私の方こそ、お会いできて嬉しかったです。短い時間でしたが、お話できて楽しかった。今度はビールでも飲みながらゆっくり。


<< 小動あたり。      強風の日。 >>